【元記事を音楽ナタリーで読む】

2月23日に東京・ポニーキャニオン本社1Fイベントスペースにて行われたテレビアニメ火ノ丸相撲Blu-rayDVD発売記念イベントに、吉田山田が出演した。

【大きな画像をもっと見る】

イベントアニメ主人公・潮火ノ丸役の阿部敦と、辻桐仁役・寺島拓篤によるトークスタート。2人は「週刊少年ジャンプ」で連載中の原作についても触れ、寺島は「マンガを読むたびに子供の気持ちに戻る」と熱く語る。阿部は「『ジャンプ』のバトルマンガを読んで、当時から『このセリフ言いたいなあ』と思っていた」と話し、子供の頃の夢が叶ったことをうれしそうに語った。

トークがひと段落すると、アニメエンディングテーマを担当する吉田山田ゲストとして登場。熱心な「ジャンプ」読者である山田義孝(Vo)は「子供の頃の夢はマンガ家だった」と明かし、同じくマンガ家を志望していたという寺島と意気投合した。阿部は、吉田山田が歌うアニメ火ノ丸相撲」のエンディングテーマ「桜咲け」について「我々のキャラクターに寄り添って作っていただいた」と絶賛。吉田結威(G, Vo)は「自分と戦っている人に届いたらいいなあと思って作った」と「桜咲け」に込めた思いを語った。トーク後に行われたミニライブでは、吉田山田の2人が代表曲「日々」と「桜咲け」の2曲を披露。ステージ横でライブを観ていた阿部と寺島は2人の生歌に感動し、観客と共に拍手を送って2人のパフォーマンスを称えた。

ミニライブ後には「火ノ丸相撲」のイベントでおなじみとなっている紙相撲による勝負を展開。山田が「かつてロケで実際に力士に稽古を付けてもらった」と自信満々に語ると、阿部と寺島は「我々は声で相撲を取りまくってきた」と話し、対抗意識を燃やす。阿部と山田の取り組みは、見事な引き落としで山田の力士を前のめりに転がし、阿部が勝利を収める。寺島と吉田の取り組みでは、吉田の力士がひとりでに土俵の外へと出てしまい、吉田の敗北に終わった。最終戦、吉田と山田の取り組みでは、紙相撲にも関わらず吉田の力士が華麗なターンを決める動きで相手を翻弄し、山田の力士を土俵の外へと追いやって勝負を決めた。イベントの最後に阿部は「エンディングは『火ノ丸相撲』に一輪の花を添えていただいたなと思っています。『火ノ丸相撲』、最後まで見届けていただけたら幸いです」と話し、イベントの幕を閉じた。

紙相撲で勝負する吉田結威(G, Vo)と寺島拓篤。(撮影:星野耕作)