シングルなのに3列シート……で何が悪い! おひとりさまでもミニバンを選んで正解なケース4選

ミニバンの荷室長を活かしてさまざまな用途に使える

 自家用車の日常平均乗車人数は、統計によると1.5人と言われている。家族持ちでも、いつも多人数で移動していないことが分かる。

 実際、ミニバンのオデッセイアブソルートを12年、愛用していたわが家では、家族構成が4人、3人、2人と減ってきた経緯があるものの、3列シートミニバンでなければならない理由があったのだ。

 ここでは、普段、おひとりさま乗車でも3列シートのミニバンを選んだほうがいいケースを検証したい。

1)多頭の愛犬とよくドライブに出掛けるケース

 まず、わが家のように、家族の一員である犬を多頭飼いし、愛犬とクルマ旅をする機会が多い場合だ。おひとりさま+多頭の犬なら、ラゲッジルームに余裕があるステーションワゴンや流行りのSUVでも良さそうだが、こと、わが家のようにシニア犬の足腰が弱った大型犬ともなれば、介助しつつ車内への乗せ下ろしするのはけっこう大変。

 しかし、両側スライドドアの低床ミニバンなら、後席の乗降はラクラク。2列目キャプテンシートで、3列目席を格納していれば、拡大したラゲッジルームに犬を歩いていかせることも可能。荷物と愛犬の積み場所、居場所が自由自在なのも、愛犬家にとって、ミニバンの大きなメリットとなる。

ミニバン

2)サーフボードなどの長尺物を積むケース

 つぎに、サーフボードなどの長尺物をよく積むケースだ。最大荷室長は大型ミニバンにかなうクルマはなく(VWゴルフ・トゥーランは1940mm!)、室内高のゆとりもあって、大きなバックドアを開ければ、濡れたウエットスーツを吊るして乾かすにもちょうどいい。

ミニバン

 また、新しいサーフスポットで暮らすため、おひとりさまの小さな引っ越しをするにもばっちり対応してくれるのだ。

荷物の積み込みはステーションワゴンよりもはるかに容易

3)自転車やソロキャンプ用品などの大きく重い荷物を積むケース

 そして、趣味人で、アウトドアなどを楽しむため、自転車などを積むにも最適なのが後席を格納、畳んだミニバンである。なにしろ低床ミニバンなら、ラゲッジ部分の開口部地上高はホンダ・オデッセイアブソルートで515mm、コンパクトミニバンのトヨタシエンタホンダ・フリードなら480mm前後、ホンダステップワゴン(3列目席床下格納状態)やトヨタ・ヴォクシー&ノア、日産セレナは約500mmと劇的に低い。

ミニバン

 だから自転車などを積み込むのもラクラク、スムース。ちなみに、世界のステーションワゴンのラゲッジフロア高平均値は約620mm。フロアの高いSUVだとそれこそ、もっとつらい。

 同時に、ソロキャンプを広大な車内空間でゆったり楽しめるのもミニバンならでは。大きなバックドアは雨が降ってもひさしになる、

4)友達をつくりたいケース

 番外としては、今はおひとりさまドライブばかりしていても、じつは友達募集中……というさびしがり屋にも、ミニバンは友達づくりのお手伝いをしてくれるツールになりうる。「ミニバンを持っているから、みんなでどこかに行こう」。

 免許なし、クルマなし、という若者が増えている今、免許があり、ミニバンを持っているということは、極めて希少かつ人気者になれる要素を備えているということ。

ミニバン

 とはいえ、最近、ハイブリッドモデルが加わった働くクルマプロボックスなどでもラゲッジスペースは十分じゃないか……という意見もあるだろうが、とくに長距離、長時間ドライブでのドライバーの快適度、疲れにくさでは、あくまで乗用タイプのミニバンの圧勝。ハイブリッドを選べば燃費性能もよく、おひとりさまで無駄な空間を背負って走っている!? という罪悪感も薄れるはずだ。

 おすすめのミニバンは、コンパクトサイズならシートアレンジ性や燃費性能に優れるホンダ・フリードトヨタシエンタ。Mクラスならバックドアに第5のドアがあるホンダステップワゴンハイブリッド、Lクラスならスポーティーな走りを楽しめ、3列目席が床下格納でき、ワゴンのようにも使えるホンダ・オデッセイハイブリッドなどだ。

 そうそう、今年中になくなるかもしれないと噂される、スタイリッシュさを極めたツートーンカラートヨタ・エスティマも狙い目だ。

ミニバン

  

シングルなのに3列シート……で何が悪い! おひとりさまでもミニバンを選んで正解なケース4選