HKT48卒業が決まっている指原莉乃2月27日、『ナカイの窓』(日本テレビ系/毎週水曜23時59分)に出演し、最近のバラエティ番組に対する“不満”を語った。

【写真】「指原莉乃」フォトギャラリー

 今回の放送ではMCの中居正広をはじめ指原、陣内智則、ヒロミ、バカリズムらが出演し「世直しの窓」と題して、「いい加減、あれ直した方がいいんじゃないの?」と世の中の問題点を発表しあった。

 指原は、「テレビ番組の直したい部分」として「バラエティおじさんしか出てない」というフリップを披露。「おじさんMCの方が安心感があるのは分かる」と前置きをした上で、フジテレビ社内に掲載されていた「テレビ革命」というポスターに出ているのが梅沢冨美男や坂上忍であることに疑問を感じたと明かした。「革命」と謳っているわりには、今までと変わらず、安定感のある出演者で制作されている番組について「若手がドン! じゃなくておじさんがブンッ!」とツッコミを入れ、スタジオを笑わせた。

 ここで陣内がバラエティ番組のMC平均年齢が47歳であることを発表。すかさずバカリズムが「画面が(おじさんばかりで)茶色い」と切り出すと、ヒロミも「出演者全員が50代のときある!」と同調し、「その中でもおじさんの中に食い込んでいるんだから、指原は大したもの」と称賛していた。

指原莉乃 クランクイン!