Netflixの女囚コメディドラマオレンジ・イズ・ニューブラック』で主人公パイパーの夫ラリーを演じたジェイソンビッグスが、米FOXの新作コメディパイロット版で天才児の父親役を演じることが明らかになった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】刑務所よりむしろ女子校!? ガールズ・パワー炸裂の先駆者的ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

ジェイソンが出演する『Geniuses(原題)』はニュージャージー州南部に住み、4人の子どもを育てる労働者階級の夫婦を中心に描くファミリーコメディドラマ。そして、たまたま4人のうち3人が"天才"として承認されたことで巻き起こる騒動が描かれるようだ。

ジェイソンは4人の子どもの父親で愛想が良く情熱的、頭でっかちだがおバカではないマイク役を演じ、母親役には犯罪ミステリーコメディサイク名探偵はサイキック?』で、ジュリエット・オハラ役を演じたマギーローソンキャスティングされている。

クリエイターを務めるのは『マイケル・J・フォックスショウ』で脚本を手掛け、Netflixの痛快コメディ『アンブレイカブル・キミー・シュミット』スーパーバイジング・プロデューサーを担うロン・ジメット

ジェイソンは、大ヒット青春コメディ映画『アメリカン・パイ』シリーズ主人公ジム役でブレイクを果たし、『ジェイサイレント・ボブ 帝国への逆襲』や『世界で一番パパが好き!』などコメディ作品を得意としている。米版リメイクとなる『南極物語』といった映画作品のほか、コメディドラマウィルグレイス』やリーガルドラマ『グッド・ワイフ』など人気ドラマシリーズにもゲスト出演している。
海外ドラマNAVI

Photo:ジェイソンビッグ(C) JESUS APARICIO/FAMOUS