博多華丸(48歳)が、3月3日に放送されたバラエティ番組「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(テレビ東京系)に出演。影響を受けた“4人のきよしと1人のたけし”について語った。

華丸はこの日、「オレ、上京したときに、柴又に住みたいと思った。寅さんが好き。だって、寅さん憧れなの」と語り、自身には影響を受けた“4人のきよしと1人のたけし”がいると説明。

きよしは、子どもの頃に親と一緒にテレビ観たのは映画「男はつらいよ」しかないと“渥美清”、吉本に入って最初に会った先輩が“西川きよし”、そして中学校の後輩に“氷川きよし”、さらにモノマネブレイクするきっかけとなった“児玉清”の4人。

ただ、漫才コンビ・ツービートは、“きよし”ではなく“たけし”から影響を受けたそうだ。