海外生活で恋しくなる数々のものの中には、日本にいる時は何気なく食べていたお菓子が含まれます。コンビニスーパーで普通に買っていた、子どもの頃から馴染み深いお菓子。筆者の住むニューヨークでは、一部は日系のスーパーでも買えるのですが、3倍近くの価格になり気軽には手が出ません。

そんな時、チャイニーズ・スーパー(中華系スーパー)で「あら!日本製のお菓子がある」と手に取ってみると、微妙に何かが違うような。そう、日本の馴染み深いお菓子のそっくりさんが売られているのです。ニューヨークで売られている、日本のお菓子のそっくりさんをご紹介しましょう。

コアラのマーチのそっくりさん

思わず手に取ってしまうほど、似ているコアラのマーチのそっくりさん。ビミョーネーミングのそっくりさんをご覧くださいませ。

中国製 Baby熊コアラ


ロッテコアラのマーチ」のそっくりバージョン。「軟滑の濃厚ミルクチョコ」のキャッチコピーが、ビミョーに日本製でないことを示しており笑えます。



この箱に、上記写真の個装袋がいくつか入っていました。箱の絵のコアラは、コアラのマーチと良く似ていますよね。箱の大きさはコアラのマーチより高さがあって、お得な感じ。



Soekというメーカーで、箱の裏を返してみると中国製(赤丸で囲んでみました)。セールで、2個で3ドル程。「失敗しても大損はしない」と、ミルククリームチョコレートクリーム買ってみたのですが、お味は本家コアラのマーチに比べると「・・・」。中国製クラッカーの粉っぽさが口に残り、中のクリームもザラザラした感触。日本製のコアラのマーチがいかに美味しいかということを、実感しました。しばらく食べていませんが、まったく違うことは分かります

Soek (中国)

Website : 不明

シンガポール製 ちいさいきんくま


とある日、また中華系スーパーで見かけた、コアラのマーチのそっくりさん。「ちいさいきんくま」とは、コアラを意味するのかもしれません。チョコレートストロベリーミルクの3色のクリーム入りです。こちらは大きな箱だったので、失敗して食べきれなかったら嫌なので購入しておりませんが、お味はどうなのでしょうか。

Ego Foods (シンガポール

Website : http://www.ego.com.sg

きのこの山のそっくりさん

小さなきのこが可愛くて、おもちゃ感覚のきのこの山。これまた、そっくりさんがありました。

韓国製 チョコボーイ


明治きのこの山」にそっくりな「チョコボーイ」。Orionという韓国の大手菓子メーカーから出ています。箱のデザインも色使いもそっくり。マッシュルームカットチョコ)のチョコボーイの顔も、どこかで見たことがあるような気がしますね。未購入のため、味は不明。

Orion (韓国)

Website : https://www.orionworld.com/

ハローキティ マシュマロ

アメリカでも大人気のキティちゃんキティちゃんの付いたグッズは大人気。その中で、キティちゃん付きお菓子を見つけました。

中国製 ハローキティ ストロベリーマシュマロ


ストロベリージェリーが中に入った、マシュマロキティちゃんはニセモノ感がなく、ホンモノそっくり。



裏を返してみると、中国製(赤丸部分参照)。ただし、キティちゃんサンリオの許可を得て使用していると記載されています。ウェブサイトを調べてみると、日本のメーカーです。中国に工場があるようですので、海外向けには中国製なのかもしれません。未購入のため、味は不明。

Eiwa Marshmallow エイワのマシュマロ (日本企業の中国工場製)

Website : https://www.eiwamm.co.jp/

おっとっとのそっくりさん

森永「おっとっと」のそっくりさん。魚介類の形をした一口サイズクラッカーアメリカでも金魚の形をした"Gold Fish"があります。

韓国製 マリンボーイ


Orionという韓国の大手菓子メーカーから出ている「マリンボーイ」。きのこの山にそっくりな「チョコボーイ」があり、ボーイシリーズのようです。未購入のため、味は不明。

Orion (韓国)

Website : https://www.orionworld.com/

かっぱえびせんのそっくりさん


ニューヨークの中華系スーパーで売られている、日本のカルビーかっぱえびせん(下段右)

オヤツにもおつまみにもなる、カルビーかっぱえびせん」は、ロングセラー。「やめられない、とまらない」のキャッチフレーズ通り、手が止まらなくなる飽きのこない美味しさですね。本家カルビーかっぱえびせんも販売されていますが、そっくりさんも多数ありますよ。

フィリピン製 プラウンクラッカープレーン)


外装もかっぱえびせんにそっくりな、フィリピン製。メーカー名は、その名も 「おいしい(Oishi)」という徹底的日本の模倣。しかしながら、海老の養殖が盛んなフィリピンゆえ、フィリピン製の方が海老の味が濃いかも?

フィリピン製 プラウンクラッカースパイシー


世界的にスパイシー流行りゆえ、上記と同メーカースパイシー味。筆者は、このフィリピン製えびせんが実はお気に入り。本家カルビーより少し量が多く、しかも値段は数十セント安いのです。しかも海老の味が濃いので、時々購入しております。



スパイシー味のフィリピン製えびせん。そんなに辛くはありません。プレーンも、スパイシーもいずれもお気に入りです。

Oishi (フィリピン

Website : https://www.oishi.com.ph/products/oishi-prawn-crackers/

中国製 愛尚 正宗 味味


中国製かっぱえびせんのそっくりさん。未購入のため、味は不明。

尚 (中国)

Website : 不明

韓国製 農心 シュリンプクラッカー



韓国製のかっぱえびせんのそっくりさん。韓国の辛ラーメンで有名なNong Shim(農心)から発売されています。未購入のため、味は不明。プレーンとスパイシーあり。

Nong Shim 農心 (韓国)

Website : http://www.nongshimusa.com

おまけ キョロちゃんのそっくりさん


森永チョコボールキョロちゃんのそっくりさんの中には、ミニカップフルーツゼリーが詰まっていました。

おまけ ドラえもんのそっくりさん



こちらはドラえもん。顔はそっくり。やはり中には、フルーツゼリーが詰まっています。



裏を見てみると、Triko Foodsという台湾のメーカードラえもんの使用許可を正式に取っているのかは、記載されていませんね。もしかしたら、日本企業の中国工場なのかもしれません。キョロちゃんドラえもんの他に、ハローキティくまのプーさんミッキーマウスなどキャラものが充実。いずれもギフト用商品として、フルーツゼリーが入っているようです。

Triko Foods (台湾)

Website : http://www.trikofoods.com.tw/en

海外生活で見かける、日本のお菓子のそっくりさん。よくできているなあと感心するものあり、ネーミングに笑ってしまうものあり。こういったユニークな商品に出会えるのも、海外生活の醍醐味と言えるかもしれません。

[All Photos by Sara Aoyama]
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

海外で見つけた不思議な日本のそっくりさん、以下の記事もぜひ!
『海外で見つけた不思議な日本語5選〜「ぎんーざ」「アジアの心臓」って!?〜』
フランス人はこれをおいしいって思うの!?スーパーで見つけたへんな味噌汁
『ありえない!日本人が海外の「なんちゃって和食レストラン」で驚いたこと4選』

偽コアラ きんくま