読売ジャイアンツは4月に行われる全9試合で、“レジェンドOB”による生解説を聞きながら観戦できる「レジェンズシート」を実施する。その解説を行うOBが発表された。

試合日程と解説担当のOBは以下の通り。

4月2日(火)柴田勲氏(阪神タイガース戦)
4月3日(水)角盈男氏(阪神タイガース戦)
4月4日(木)篠塚和典氏(阪神タイガース戦)
4月12日(金)定岡正二氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月13日(土)川相昌弘氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月14日(日)仁志敏久氏(東京ヤクルトスワローズ戦)
4月27日(土)清水隆行氏(横浜DeNAベイスターズ戦)
4月28日(日)川口和久氏(横浜DeNAベイスターズ戦)
4月29日(月・祝)槙原寛己氏(横浜DeNAベイスターズ

※担当するOBが変更になる場合もあります

当日はレジェンドOBの解説を専用イヤホンで楽しめる

当日はレジェンドOBの解説を専用イヤホンで楽しめる

今年は東京ドームで行われる全63試合で、レジェンドOBが解説を務める予定。4月以降に関しては、担当が決まり次第、発表が行われる。

レジェンズシート」は、3塁側内野席の前方エリアに座ったレジェンドOBの解説を、専用イヤホンで楽しめる企画シートレジェンドOBへの質問も受け付けており、解説の中で回答が行われる。

「レジェンズシート」は3塁側前方に設置される

レジェンズシート」は3塁側前方に設置される

さらに、シートを購入した質問シート応募者を、試合後に行われるグラウンドツアーに抽選で招待する。このツアーではグラウンドに下りることができ、ジャイアンツが勝利すると、ヒーローインタビューを見学し、選手とハイタッチすることが可能だ。

“レジェンド”たちの生解説が聴ける「レジェンズシート」