トルコ人選手が隠し持っていたカミソリの刃で相手を攻撃か 英紙「彼を出場停止にしろ」

 3月2日に行われたトルコ3部リーグ第24節アメドスポル対サカリヤスポル戦で、33歳MFが手にカミソリの刃を隠し持ち、キックオフ直前に相手選手の首を切りつける衝撃の事件が起きた。海外メディアが一斉に報じたなか、決定的瞬間を映した驚愕映像に「信じられない」と反響が拡大している。

 批判を浴びているのは、アメドスポルの33歳MFマンスール・カラールだ。映像では、キックオフ直前に両軍のチームメインスタンドに向かって整列している際、すでにカラールが手にカミソリの刃を隠し持っている様子が収められている。

 カラールは、サカリヤスポルのDFフェルハット・ヤズガンの背後を通り過ぎる際、臀部付近に手を押し当てる仕草を見せている。この時、カミソリの刃で攻撃したと見られ、驚いた様子で反応したヤズガンはカラールにすぐさま視線を送っている。その後、両軍の選手が入り乱れたなか、カラールはヤズガンの首に手を当てて切りつけたようだ。さらに他の選手の腕や顔なども攻撃したと伝えられている。

 英紙「ザ・サン」は「彼を出場停止にしろ」と言及し、「試合前、選手が手にカミソリの刃を隠し持っている衝撃シーンを見よ」と映像も紹介している。驚くべき愚行は物議を醸しており、同紙は「トルコ人選手は永久追放の可能性に直面している」と選手生命の危機を報じた。

 サッカー界を揺るがす事件へと発展しそうな気配を見せるなか、一連の事件はどのような収束を見るのだろうか。(Football ZONE web編集部)

相手選手をカミソリの刃で切るという前代未聞の事件が起きた【写真:Getty Images】