焼肉チェーンの「牛角」は3月6日から、没メニューから復活した「メープルチキンnaメロンパンバーガー」の販売を開始する。価格は690円(税別)。

メープルチキンnaメロンパンバーガー」は、バラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」で、有吉やゲストの面々が選んだ復活メニュー。番組では、「牛角」の没メニューとなってしまった商品の中から、開発者がメニューに入れたい4品をプレゼン、その中から「メープルチキンnaメロンパンバーガー」が選ばれた。

焼肉屋でボリュームのあるハンバーガーは注文されづらいという理由で没メニューになっていた同商品。バターをたっぷり染み込ませたメロンパンを炙り、その中に旨辛ダレを纏った鶏もも肉、焼きパインベーコン、サンチュを乗せ、メイプル入りシロップマヨネーズケチャップを合わせて挟んだ、焼肉屋ならではのオリジナルバーガー仕上げている。炙ったり、焼いたりして自分で完成させていくのが「牛角」ならではの楽しみ方だ。

開発者担当者は「お子様や女性に人気のある牛角のデザート『炙ってメロンパンアイス』を新しい焼肉の形として商品化し、もっと身近に楽しんで頂きたいという想いから開発致しました。社内では、“トリッキーすぎる”と意見が多かったのですが、番組をきっかけに世に出す事が出来嬉しく思います。この商品の美味しさが皆様に伝われば幸いです」とコメントを寄せている。