国内醸造のフレッシュなクラフトドイツビールモダンドイツ料理を提供する「シュマッツ」を運営するカイザーキッチン株式会社(本社:東京都目黒区、共同代表:クリストファーアックスマーク・リュッテン)はこの度、日本でより多くの人にドイツビールの美味しさを味わってもらいたい!というドイツ人創業者の熱い思いから更なる改良を重ね、クラフトドイツビールラインナップをリニューアルしました。


ビールは鮮度が命!シュマッツクラフトビールは本場ドイツの製法でドイツの原料にこだわりつつ、よりフレッシュに提供する為、あえて日本で醸造しています。今回新たにシュマッツからデビューする「ヴァルドリング」「プリンツィンガー」「ヘルツ」も、水以外は全てドイツ原産のモルト、ホップ、酵母を使用した本格的なクラフトドイツビールで、ドイツビールの世界観を存分に体験できる味わいとなっています。

ヴァルドリング 
ラガー
アルコール5%
IBU24
スタイル:エクスポート
エクスポートとは、19世紀初頭に誕生したラガーのひとつ。しっかりとしたラガーでホップと麦のフレーバーバランスが完璧なビールです。



プリンツィンガー
エール
アルコール4.8%
IBU36
スタイルピルスナー
最高級アロマホップを使った華やかな香りで、ピリっとしたホップのフレーバーとさわやかな飲み心地のビールです。


ヘルツ

エール
アルコール5.2%
IBU22
スタイル:ドンケル
バイエルン地方でポピュラーな濃色のビール。4種類のモルトがブレンドされており、微かに甘く香ばしい木の実のようなフレーバーも感じられます。


シュマッツは、日本国内で醸造した本格的なクラフトドイツビールと、ミレニアル世代のドイツ人創業者が慣れ親しんできた今のドイツの味をベースに和カジュアルテイストを加えた進化系ドイツ料理が楽しめるカジュアルビアダイニングです。1516 年に制定された世界最古の食品関連条例とされる「ビール純粋令」(原料を麦芽、ホップ、水、酵母に限定)を遵守した本格ドイツ製法にこだわり、国内のブルワリーでオリジナルクラフトドイツビールを開発・醸造。ブルワリーから店舗に直送する作りたてのフレッシュなビールを「生」で提供しています。

シュマッツは現在、表参道(COMMUNE 2ndフードスタンド)、赤坂、神田、吉祥寺、川崎、新宿 3 丁目、渋谷神南、赤坂・アークヒルズ、日本橋高島屋S.C.、ムスブ田町、銀座コリドー五反田の12店舗を展開しています。

シュマッツの意味:「大好きな人のほっぺにキスをするときの音」「美味しいものを食べた時に思わず舌が鳴っちゃう音」など「幸せの音」を表現する擬音です。


東京からアジア、そして世界へ。本格ドイツ製法のクラフトビールと僕たち世代のドイツ料理を届けたい。

ハンブルグで出逢い、ニューヨークで再会を果たし、ルームメイトとして寝食を共にした創業者のクリスマークは「ドイツビール大好き」「ニッポン大好き」「起業して新たなライフスタイルを発信したい」という点から意気投合。

2014 年、フードトラックホットドッグの販売をする中で事業構想を膨らませ、2015 年に表参道フードスタンドを、2015 年に初の路面店となるシュマッツ赤坂をオープンしました。

http://www.schmatz.jp
Instagram @schmatz.jp
Facebook www.facebook.com/schmatzjp







配信元企業:カイザーキッチン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ