アメリカシカゴ消防局51分署を舞台に、救命活動に挑む勇敢な消防士たちをリアルに描いた海外ドラマシカゴファイア』。アメリカのみならず、日本でも人気の本作が待望のシーズン5のDVDリリースを迎え、本シリーズでは初めて本格的に“9.11”に関連するエピソードが登場。また、ゲストとして俳優ばりの甘いマスクで多くの女性ファンも魅了している米大リーグシカゴ・カブス」のクリス・ブライアント選手が本人役で出演する。

【写真】クリス・ブライアント選手も登場!『シカゴ・ファイア シーズン5』フォトギャラリー

 本作は、リアルな救出シーンと消防士たちの勇姿とチームの強い絆を描いたレスキューアクションドラマ。骨太の熱いドラマとして男性からの支持だけでなく、『Dr.HOUSEシリーズなど共演者キラーで名高いジェシー・スペンサーや、“レディー・ガガの婚約者”としての経歴を持つテイラーキニーなどのイケメン俳優の出演に、女性も虜になる要素が満載。

 シーズン5では、ケイシー(ジェシー)は議員としても手腕を発揮し順調な一方、ドーソンモニカレイモンド)と築いた家庭にヒビが入り始める。そんな中、セブライド(テイラー)は、殺人未遂事件に巻き込まれたりと様々な波乱が巻き起こる。

 今回、“アメリカ同時多発テロ9.11)”を初めて本格的に取り上げたエピソードが登場。消防局の旧友にニューヨーク行きを勧められた大隊長のボーデン(イーモン・ウォーカー)だが、彼には拒む理由があった。ボーデンは、テロ後の支援でニューヨークに駆け付けており、その際にみた当時の状況を『地獄だった』と振り返る。そして再び、自分の想いに終止符をつけるため、ケイシーとセブライドを引き連れ、テロで崩壊したビルの跡地、グラウンド・ゼロを訪れる。

 また、本作はシカゴ市長やスポーツ選手、国民的ロックスターなどが本人役で登場することでも毎回話題だが、シーズン5で俳優デビューを飾ったのは、実力もさることながら、俳優ばりの甘いマスクで多くの女性ファンも魅了している、シカゴ・カブスクリス・ブライアント選手。

 劇中では、カブスサイン会に向かう途中に事故で生死をさまよい、サイン入りの野球カードを消失してしまった少年を勇気づけるため、消防局の粋な計らいで、ファンであるクリス・ブライアントと交流するというシーンで登場(第22話)し、ほっこりエピソードも展開している。

 さらに、「シカゴシリーズの1つとして型破りな刑事の活躍を描く『シカゴ P.D.』とのクロスオーバーエピソード(第9話・第15話)も注目だ。

 『シカゴファイア シーズン5』DVDは、3月6日よりレンタル開始。DVD‐BOXは4月10日発売。

『シカゴ・ファイア シーズン5』DVDは3月6日よりレンタル開始(C)2016/2017 Open 4 Business Productions,LLC. All Rights Reserved.