昨年3月には家庭内暴力により15試合の出場停止を科されていた

 レッドソックススティーブン・ライト投手が、禁止薬物への陽性反応を示し、MLBから80試合の出場停止処分を科された。米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモアズ」が報じたところによると、ライトはヒト成長ホルモンの一種である「GHRP-2」の陽性反応が出たという。

 同サイトは「ライトレッドソックスの40人ロースターから外されることになり、シーズンの前半を失うことになる。2019年ポストシーズンにも出場することができないだろう」とし、レッドソックスが発表した声明文も伝えている。

レッドソックスメジャーリーグの薬物防止及び治療プログラムを支持し、試合から運動能力向上薬物を撲滅することに全力を尽くします。今回の違反については我々も遺憾に感じており、スティーブンへの適切な支援をしたいと考えている。今後、この件に関して一切のコメントは控えたい」

 2016年には13勝をマークしているライトは、昨年3月にも家庭内暴力により、15試合の出場停止処分を受けている。処分理由は異なれど、2年連続で開幕前に出場停止処分を科されたことになる。(Full-Count編集部)

レッドソックスのスティーブン・ライト【写真:Getty Images】