1月に巻き起こった“子連れ出勤”を巡る議論。子連れ出勤反対派の中には、「ベビーカーに子どもを乗せて、通勤ラッシュの満員電車に乗るのはあまりにも危険」といった意見がありました。

そんな中、2月25日に市民団体「子どもの安全な移動を考えるパートナーズ」が小池百合子東京都知事と面会し、電車や地下鉄における「子育て応援車両設置」を求める要望書を提出したというニュースが飛び込んできました。これは通勤時に限らず、子どもたちを安全に移動させる必要性を訴えたものです。

要望書を受け取った小池都知事は、「企業内保育も、その職場に行くことがまず大変。実施し、利用者の反応や影響を見ていきたい」と、電車内に子育て支援スペースを作ることに意欲的な姿勢を見せていた様子。

この「子育て応援車両設置」に関して、ネット上では多くの反対意見が出ています。仕事の際に、致し方なく息子を抱っこ紐で抱っこして満員電車に乗ることがある筆者でも、この子育て応援車両の設置案には多くの疑問点を感じました。

子育て支援が他の誰かを苦しめてしまうことに?

子育て応援車両を新たに作るということは、通常の車両がつぶされるということ。それはつまり、今現在、満員電車に乗って毎日頑張って仕事に行っている人たちが、さらにぎゅうぎゅう詰めの状態に追いやられてしまうことにならないでしょうか。

こうした、他の誰かが苦しまなければいけないやり方は、子育て支援においては絶対に避けなければいけないこと。我慢をさせられる子育ての当事者ではない人たちから、「ずるい」「ぜいたくだ」と大きな反発が起こるであろうからです。

「自分が欲しくて子どもを作ったのだからわがままを言うべきではない」という、子育てにおける自己責任論は、このように誰かの負担になるような方法や状況が生みだしている側面が往々にしてあります。結果的に、子育て応援とはかけ離れた環境になってしまったら本末転倒です。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

公共の場としての役割が失われる可能性

子育て応援車両を設置すれば、確かにたくさんの大人で混雑した車内を避けられ、子どもたちが安全に電車に乗ることができるかもしれません。しかし、本来は大人も子どもも乗り合わせた車内で、もし子どもが危険な状況に陥っていたら、助け合うのが公共の場であるはずです。

子育て専用車両によって、大人と子どもを公共の場で隔離・分断することは、他者への無関心や敵対視を増幅させてしまうのではないでしょうか。たとえば電車内で、危ない目に遭っている子どもや赤ちゃんを抱えて苦しそうにしている女性を見ても、「専用車両に乗っていないのが悪い」と手を差し伸べないことが当然になってしまう可能性もあるでしょう。

「子育て応援車両を作ればOK」という短絡的なやり方では、電車の公共の場としての役割を失わせ、相互扶助のない社会を作り出してしまうのではないかと考えます。

“子育て応援パフォーマンス“が本当に大事なことを隠してしまう

子育てや女性の権利などを取り巻く環境が大きく変わっている今、「子育てを応援します!」「女性を応援します!」と胸を張ることは、企業や政治家にとって大きなアピールポイントになっています。しかし、そうした“子育て応援パフォーマンス”に気を取られ、大事なことや本当に解決すべきことが見えなくなってしまうことも。

今回の件でも、何よりも大事なのは、子どもの安全な移動を困難にしている満員電車自体を解消することや、ベビーカーで通勤しなくてもいいようにすることのはず。

東京一極集中を是正したり通勤時間や勤務スタイルを柔軟にしたり、はたまた保育園を整備したりといった、もっと大きな枠組みでこの問題を捉えなければ、ただ単に満員電車で苦しむ人を増やし続けるだけになってしまいかねません。

子育て専用車両設置に関するニュースは、子育て支援だけでなく、女性専用車両の是非など電車におけるさまざまな問題も浮き彫りにしています。子育てをする人だけでなく、働いている人、学生、子ども、高齢者など、電車を利用する人すべてが、これ以上の負担を感じないような政策が推し進められていくことを願います。