モデルタレントの西山茉希が、5日放送のトークバラエティ番組『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。世間からの声で不満を爆発させる場面に反響が寄せられている。

 

■「お母さんなのに…」と炎上

5日、自身のインスタには番組出演したことと、MCを務める笑福亭鶴瓶に対して「お仕事ということを忘れそうになる」と綴っているように、番組では飾らない姿でトークを繰り広げた。

現在、2歳と5歳の子供を持つ2児の母親でもある西山。鶴瓶はSNSを活用する西山に「炎上すんの?」と聞くと、「『お母さんなのに1人で外でご飯食べてる』とか『お友達と飲みに行ってる』とか。『子供は?』とか」と、「お母さん」という括りがつくことで炎上しやすいと話す。

 

■「やってんだわ、こっちは!」

肩書きに「モデル」とつくことで「ちゃんとしてなさそう」「自分の美意識だけだろう」「子供をすぐ預けているんだろう」と思われ、すぐに「育児放棄」と書かれることにも「非常に悔しい」と吐露。

西山は友人や自分の時間を過ごすために、ご飯も作り、食べさせて家事を終わらせているにも関わらず、SNSアップした一部分を切り取られ批判されることに、「やってんだわ、こっちは!」と不満をぶちまけた。

■「胃は埋めてあげたい」

番組では、2013年に結婚した俳優の早乙女太一とのエピソードも。基本的に自宅で食事をするという早乙女は、19時から会食があっても17時頃に「お腹空いた」と帰宅することもあるようだ。

19時の会食前に食事をするという。私がこの時間に作るという。そういうことをおっしゃっているんですよね、この方は」と思いながらも、食事を作るそうだ。

「会食なんだから、外で食べてーやとは言わへんの?」と鶴瓶の言葉には、「お腹が空いていると言っている人に対して、勝手に食べろというのは絶対にイヤ」「胃は埋めてあげたい」と食に関しての想いを語った。

 

■夫に「あなたの事何も知らないわ」

また、早乙女は「何時に帰ってきたかもわからない」と、朝方まで友人と遊んで帰宅することも少なくないそうで、たまに「私よく考えたけど、あなたの事何にも知らないわ」と言ってしまうこともあるそうだ。

しかし「同じ屋根の下に帰ってくるんだし、布団はそこにあるんだから」「それぐらいでいいくらいの時期ってある」と持論を語った。

この放送を観た人らからは、「母親の気持ちを代弁してくれてスッキリ!」「もはや妻&母の鑑」とのコメントが多数寄せられている。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』山田優、結婚前に小栗旬と破局 小栗への不満爆発に驚愕

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

西山茉希、育児放棄と叩かれることに不満爆発 「やってんだわ、こっちは!」