小栗旬主演のテレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国」(3月23日[土]・24日[日]夜9:00-11:24、テレビ東京系)にモーリー・ロバートソン、セインカミュ、厚切りジェイソンら、意外な国際派キャストの出演が続々と発表された。

【写真を見る】織田信成がラストエンペラーとして知られる愛新覚羅溥儀役で、本格的な中国語のせりふを聞かせる

■ 織田信成も“ラストエンペラー”役で出演

東京裁判の裁判長をドラマ初出演のモーリー・ロバートソンが演じる他、連合軍通訳部の中佐にセインカミュ、アリゾナ軍キャンプ査問官に厚切りジェイソン、収容所に強制収容された二世にハリー杉山、日本語学校校長にチャック・ウィルソンが顔をそろえる。

また、GHQ情報部の将校はケント・ギルバート、ロサンゼルス群立病院の医師はダニエル・カール、インフォメーションセクション所長はドラマ初出演のデーヴ・フロム、FBI捜査官はジョージ・ウィリアムズ、極東国際軍事法廷のマイクチェックをする技術者は村雨辰剛と、それぞれキャストが発表された。

さらに、ラストエンペラーとして知られる愛新覚羅溥儀を織田信成が演じ、初挑戦となる中国語のせりふを本格的に聞かせる。

ほか、東條英機や大川周明を演じる大物キャストも近日中に発表予定。(ザテレビジョン)

小栗旬主演のドラマスペシャル 「二つの祖国」にモーリー・ロバートソン、セイン・カミュ、厚切りジェイソンら国際派キャストの出演が続々と発表された