■「女性の皆さんがこれからもイキイキと活動していけるように、またすべての皆さんの健康と幸せをお祈りして、歌を奉納させていただきました」(倉木麻衣

【画像】『HAPPY WOMAN FESTA 2019 KYOTO』の様子

倉木麻衣が本日3月7日、『HAPPY WOMAN FESTA 2019 KYOTO』に出演。国宝・石清水八幡宮にて歌の奉納を行った。
HAPPY WOMAN FESTA 2019 KYOTO』では、国際女性デーを記念し、持続可能な社会づくり(SDGs)と女性のエンパワメント推進の祈願を目的として国宝・石清水八幡宮への正式参拝を実施、京都観光おもてなし大使で、「HAPPY WOMANテーマソングも担当した倉木も共に参拝した。

倉木は厳かな雰囲気の中、新曲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」、「HAPPY WOMANテーマソング「WE ARE HAPPY WOMEN」の2曲を奉納。国宝・石清水八幡宮本殿の清らかな空気の中、倉木の清々しいアカペラ歌唱が響き渡った。そして、“女性の幸福を呼ぶ”「HAPPYWOMANお守り」が倉木に授与された。このお守りは当日の参拝者にも授与された。

この日、奉納された美しい歌声と共に女性の幸福への想いが込められた特別なお守りは、HAPPY WOMAN PROJECTカラーの黄色に、ミモザのデザインが入った倉木とのコラボレーションデザイン。このお守りは、3月8日よりこの日の参拝者以外にも授与開始。美しい日本三大八幡宮のひとつ、国宝・石清水八幡宮は、幸福を願う女性にとっても新しい名所となりそうだ。

正式参拝後行われたミニトークでは倉木の「HAPPY WOMAN PROJECT」での活動などにも触れられた。

倉木は2017年HAPPY WOMAN PROJECTの“女性の応援歌を作ろう!~HAPPY WOMAN テーマソング共創ワークショップ~”と名付けられたプロジェクトに参加。2018年3月8日には『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA 2018』にて「HAPPY WOMANテーマソング「WE ARE HAPPY WOMEN」を発表。女性がイキイキ、ワクワク輝いて活躍できることを願い、活動に賛同している。音楽活動以外にも積極的に取組んでいるこのような社会活動も、倉木麻衣ならではの展開といえるだろう。

また、この日の歌の奉納については「とっても神聖な気持ちになりました。女性の皆さんがこれからもイキイキと活動していけるように、またすべての皆さんの健康と幸せをお祈りして、歌を奉納させていただきました」とコメント

さらに、「今回の新曲『きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない』は恋愛をテーマにしているんですが、ロマンチックなふたりの世界が、そして愛がいつまでも続いていけたら。そして、いろいろな愛の形があると思うのですが、その愛を大切に、自分らしく、ハッピーな気持ちでライフスタイルを満喫していただけたらと想いを込めながら、これからもお届けしていきます」と続けた。

あいにくの雨模様トークが進むにつれて晴れ間ものぞき、倉木の20周年を祝うように清々しい会となった。





リリース情報
2019.03.20 ON SALE
SINGLE「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」

倉木麻衣 OFFICIAL WEBSITE
http://www.mai-kuraki.com
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press