0308_creater

とかく「自虐的」とされる日本人の歴史観ですが、「それこそが日本のアキレス腱」というアメリカ人歴史学者が著した一冊が話題となっています。そんな書籍を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんがレビューしています。

偏屈BOOK案内:『アメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい』

71BB7x5+GILアメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい
ジェイソン・モーガン  著/扶桑社

さいきん、安易に長いタイトルを冠する本が増えているようだが、編集者の怠慢であろう。著者は歴史学者、アメリカの大学で東洋史(とくに中国史)を研究し、その後、韓国で英語教師として働き、現在は麗澤大学外国語学部助教、4冊目の著作。日本という国と日本人素晴らしいところ克服すべきところは何かという問題意識を基底に置いて、歴史や憲法などを論じている。

独善的記憶喪失」であるアメリカの、歴史学会の日本に対する偏見は、戦時中よりひどくなっている罪もないのにいつまでも悔い改めている、それが著者の感じる日本人の特徴だ。自分が悪くなくても謝ってしまう傾向がある。その性質を表す英語はない、ということは日本の独特な心境、精神性なのか。

アメリカ人も、奴隷制度やアメリカン・インディアン虐待、ベトナム戦争での蛮行など、意外とそうした事実を認めている。しかし、「それは自分の責任ではない」つまり「現在の我々とは関係ない」と、過去のことは過去の人の責任で自分たちは進歩し改善できた人間だと強く信じている。しかし、日本はまだ十分反省していないから贖罪を続けよ、というご都合主義は続いている。

一般的アメリカ人が共有しているのは、自分たちは正義である、従って悪に対しては原爆を使わざるを得なかったというストーリーである。それを矛盾させないために、日本を悪者にし続けなければならない。日本をナチスドイツと同じ存在だと思っている人が、アメリカには大勢いる。戦後70年に行われた大手民間調査機関の調査でも、アメリカ人の56%が原爆投下を正当化している。