昨年公開された『映画ドラえもん のび太の宝島』が『映画ドラえもん のび太の日本誕生』(89)の動員記録を29年ぶりに塗り替えるなど、70年の原作連載開始より半世紀あまりが経過したいまなお子どもにも大人にも愛され続ける、日本の春の風物詩映画ドラえもん」。1日より公開中の『映画ドラえもん のび太の月面探査記』も初日から3日間の累計で動員64万5000人、興収7億5700万円を突破して初登場1位を飾っている。

【動画を見る】『映画ドラえもん のび太の月面探査記』予告編をチェック

39作目となる本作の舞台は「映画ドラえもん」初となる“月”。月面探査機が捉えた白い影を「月のウサギだ!」と信じて主張するが、クラスメートたちに笑われてしまう。そこでドラえもんひみつ道具異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、のび太クラスに謎の転校生・ルカがやってきて…。

「これぞ、映画ドラえもん!」と言える壮大なスケールオリジナル脚本に挑んだのは、本作で初めて映画脚本を手掛けた直木賞作家の辻村深月。辻村は藤子・F・不二雄作品の大ファンで、著書の章タイトルをすべてひみつ道具の名称にしたこともあるほど。今回はその辻村と、藤子・F・不二雄の最後のチーフアシスタントをつとめたむぎわらしんたろうとの対談を設け、2人に心を動かす物語の作り方、ドラえもんならではの魅力について前後編でたっぷりと語ってもらった。

今回はその前編として、舞台設定の裏話や、これまでの「映画ドラえもんシリーズに対する2人の想いなどをお届けする。

■ なぜ月が舞台なのか

――今回、映画ドラえもんとしては初めて月が舞台です。モチーフになっている原作の短編(てんとう虫コミックス[以下、てんコミ]23巻収録「異説クラブメンバーズバッジ」)は舞台が地底でしたが、なぜ地底ではなく月にしたのでしょうか。

辻村深月(以下、辻村)「『異説クラブメンバーズバッジ』から発想したのではなく、月を舞台にしたいという気持ちの方がまず先にあったんです。藤子・F・不二雄先生の残された有名な言葉に、“『ドラえもん』の通った後は、もうペンペン草も生えないというくらいにあのジャンルを徹底的に描き尽くしてみたい”というものがあるのですが、これは本当にそのとおり。映画ドラえもんでは、もう冒険に行っていない場所がほとんどないんです。雲の上も、地底も、海底も、宇宙も。そんななかで、月には奇跡的に一度も行っていなかったんです」

――たしかに。

辻村「せっかく冒険に行くのだったら、やはり、子どもたちがよく知っている場所を舞台にしたいなという気持ちもありました。月は地球にとっては一番身近な天体ですし、誰もが日常的に見上げる存在。あの『かぐや姫』だって1000年も前のお話なのに、いまなおわかっていないことが多いミステリアスな場所でもあります。

映画ドラえもんがすばらしいのは、観終わったあとに、冒険した場所自体と友達になれることだと思うんですよ。藤子先生は地理や自然科学、歴史などいろんなことにお詳しくて、つねに最新の学説を意識されて物語を作られていたと伺いました。例えば私たちは、深海に行くと体がペシャンコになるんだというのを、スネ夫セリフで覚えていたりしますよね?」

――『のび太の海底鬼岩城』ですね。

辻村「冒険の合間合間に、押しつけることなくそういう知識がさりげなく盛り込まれていることで、映画を観終えた後には、海や海底がすっかり身近な場所になっているんです。だから今回の映画でも、映画館を出てふたたび月を見上げた時、昨日までと違う身近さみたいなものを感じてもらえたらうれしいな、と。きっと、それが映画ドラえもんの“ゴール”で、私たちが目指さなきゃいけないものだと思ったんです」。

むぎわらしんたろう(以下、むぎ)「先生が96年に亡くなったあと、僕も何本か映画原作の大長編(『のび太の南海大冒険』『のび太の宇宙漂流記』『のび太の太陽王伝説』)を描いたんですけど、月を舞台にする案は候補として毎回挙がっていました。『道路光線』で月まで行こうとか、月面クレーターの『静かの海』はしずちゃんが由来だ、とか(笑)。こんなふうに(と言いながら、20年近く前にむぎわら先生が書いた当時のアイデアメモが出てくる)」

辻村「わあ! こちらはこちらで観てみたい…」

むぎ「だけど月を舞台にする案は、何度もトライしたものの、着陸失敗つづきで(笑)。やっぱり、月って確立した学説もあってよく知られすぎている世界だし、お話しが広がらなかったです」

辻村「(うなずいて)月は本当に難しいですよね。現実に行こうと思うと遠いけれど、物語の上の嘘をつくにしては近すぎて、もうだいぶ観測が進んでしまっている。この作品が藤子先生の『ドラえもん』である以上、行ってみたらいきなり王国がありました、というわけには絶対にいかないんです。初回の打ち合わせでは、八鍬新之介監督が科学専門誌を5、6冊持ってきてくれて、『月のどこに生命の介在できる余地があるか、みんなで探しましょう』って。私、すごい場所に手を出そうしているな、と気持ちが怯みかけました(笑)

案の定、脚本づくりは難航したんですが、監督も私も『原作に登場するひみつ道具のどれかを使って、のび太が冒険に行くきっかけを作りたい』という考えがあって。あるとき監督が、『異説クラブメンバーズバッジはどうですか』と提案してくれたんです。それを聞いた瞬間に『書ける!』と思い、一気に物語が動き出しました。藤子先生の原作の力を借りて、やっと月に行ける準備が整ったんです」

のび太が命を賭けるのは「当然」ではない

――お二人が勧める見どころを教えてください。

むぎ「僕は今回、亀のモゾのキャラクターデザインについて藤子プロから相談をうけ、少しお手伝いをさせていただいたこともあり、映画を観ながらずっと『モゾ、がんばれ!』って思ってました。モゾの活躍は見どころです」

辻村「私は、ゲストキャラのルカとのび太との友情に注目してほしいです。『映画ドラえもん』って友情を描くことが多いので、最初はただ、出会ったばかりのゲストキャラのためにのび太たちが頑張るのは当たり前、と思って書いていたのですが、監督から『のび太たちはどうしてルカたちのために命をかけられるんですか』『のび太にとって、ルカって何ですか』『友情ってなんですか』と、たくさん問いかけを受ける中で、私もただ『友達だから』ではない、のび太とルカだからこその関係性を考えていきました。物語の中盤、そんなのび太たちが友達のために旅立つ決意と覚悟を問われるシーンがあるのですが、そこもぜひ観ていただけたら」

――ところで、お2人は「異説クラブメンバーズバッジ」が実在するとしたら、どんな異説を唱えたいですか。

むぎ「架空の動物の世界があったらいいなあ。竜とか」

辻村「私はドラえもん実在説かな」

――それって異説ですか。

辻村「親が子どもに『ドラえもんはいるよ』って言っていた家庭は、きっと昔からいっぱいあるはずなので」

――たしかに、劇中のドラえもんによる異説の定義「長い間信じられている」は満たしていますね(笑)。じゃあ、もしドラえもんがいたとして、一番欲しい道具は?

辻村「いろいろあるのですが、昔から憧れの道具はホンワカキャップ(てんコミ30巻、「ホンワカキャップ」収録)です。ホンワカキャップを使ってジュースで酔っ払っているのび太たちが本当に楽しそうで、子ども心に憧れたのですが、私、いまでもお酒があまり飲めないので」

■ 『のび太の太陽王伝説』の思い出

――辻村さんにとっての原作大長編ベスト1と、映画版ベスト1を教えてください。

辻村「原作大長編は『のび太と鉄人兵団』で、映画は『のび太の宇宙開拓史』(81)かな?『宇宙開拓史』は小さい頃、繰り返し繰り返しずっと観ていて、コーヤコーヤ星の世界観やロップルくんやチャーミーのキャラクターが大好きでした。ストーリーが完全に理解できるようになったのはきっともう少し後だったと思うんですけど、ラストシーンの美しさ含め、なんてすごい映画なんだろう、といまでも思います」

――ではもう少し縛りをつけて、原作なしオリジナル脚本の映画版ベスト1だと?

辻村「いろいろ好きなんですけど、むぎ先生が大長編を描かれた『のび太の太陽王伝説』が大好きです。のび太とそっくりの男の子ティオが、ゲストキャラとしては珍しく弱音を吐く等身大の男の子で。弱いところを見せながらのび太と成長していくのが、観ていてグッときました」

むぎ「ありがとうございます。実は当時、自分の作品で2人のそっくりな顔の主人公を使った漫画を描こうと考えてたんですよ」

辻村「そのアイデアを『太陽王伝説』に使われたんですね」

――作中に出てくるのは「マヤナ国」だから、古代メキシコモデルですよね?

むぎ「藤子先生が世界旅行でマヤ文明の遺跡に行かれた際の写真を見て、これだと。で、メキシコの伝説を調べていたら、ちょうど双子の伝説があったので、もともと持っていたそっくりネタをくっつけました。そして、メキシコに遺跡も見に行きました」

辻村「現地を!?」

むぎ「ええ。先生がちゃんと取材をして物語をつくっていたように、僕もちゃんと見てきて描かないとだめだって。先生が写っている写真と同じ場所で写真を撮れたのは嬉しかったです」

辻村「『太陽王伝説』は、キャッチコピーの『君は誰を守れるか。』も最高にかっこいいですよね。当時私は大学生だったのですが、劇場内の子供たちがドラえもんオープニングに合わせて大合唱するのを観て、感動したんです。自分がそうだったように、下の世代の子たちが『今のドラえもん』を毎年楽しみにしている。その時に観た光景は、今年の映画の脚本を書く時にも、私を励まし続けてくれました。ああいう子たちがドラえもん映画を楽しみに待っていてくれてるんだって。大変だけど、とても幸せなお仕事なんだと思いました」

<後編に続く>(Movie Walker・取材・文/稲田 豊史)

「ドラえもん」をこよなく愛する作家2人の対談が実現!