(c)Shio Narumi

イギリス南部に、ワイト島というリゾートアイランドがあります。ロンドンからもそう遠くないのでふらっと訪ねてみました。もともとオフシーズンゆえにあまり景観は期待できなかったのですが、観光自体もままならず!?そのままの状況をお伝えします!

絶景スポット「ニードルズ」


こちらが島一番の景勝地です。青い海に、白い飛び石のような3つの岩が映えること!プチ氷山のようで可愛らしくさえあります。

それが冬の雨の日だとどうでしょう?


(c)Shio Narumi

右手から見てみたのですが、3つの岩は見えません。しかし岬に霧がかかったところはちょっと神秘的です。


(c)Shio Narumi

海風に手がかじかんで、長時間眺めていられないほどの日なので、あたりは閑散としています。

夏場であれば、ゴンドラでビーチまで行ったり、船上から眺めたりして楽しめるようです。

Needles
Alum Bay New Road, Alum Bay, PO39 0JT
http://www.theneedles.co.uk/


オズボーン・ハウス
エリザベス2世の高祖母にあたるヴィクトリア女王がお気に入りだった別荘です。島の中で一番美しい場所を選んだようで、毎夏訪れていたそうです。室内のほかプライベートビーチも見学できます。


(c)Shio Narumi

冬の間は、1フロアが閉鎖されていたり、土日しか開いていなかったりします。開館日は時期によって細かく設定されていて複雑なので、ホームページカレンダーで事前に確認しましょう。休館日は庭に入ることができず、外からはこんな風に何も見えないのでご注意を。

OSBORNE
York Avenue, East Cowes, Isle of Wight, PO32 6JT
https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/osborne/prices-and-opening-times/


セント・キャサリンズ灯台


こちらはホーンテッドという噂もある灯台です。ニードルズほどの知名度はありませんが、なかなか雰囲気がありますよね。雨の日に行くと寂しすぎると思い今回はあきらめましたが、いつか行きたいスポットです。

ST CATHERINE'S ORATORY
Chale, Isle of Wight
https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/st-catherines-oratory/


茅葺屋根の家のパブ


(c)Shio Narumi

ワイト島では、ボリュームのあるぽってりとした茅葺屋根の家を見ることができます。屋根は、ネットで覆われています。


(c)Shio Narumi

ちょうどメンテナンス作業に遭遇しました。

茅葺屋根の家で食事ができるスポットもあります。こちらは、リゾートホテルが多いシャンクリンの旧市街にあります。


(c)Shio Narumi


(c)Shio Narumi

地元の人に愛されていて、レトロな雰囲気がいいです。


(c)Shio Narumi

えびフライと付け合わせのポテト。えびフライは日本よりもかための仕上がりですがおいしいです。

Village Inn
Church Road, Shanklin, PO37 6NU
https://www.facebook.com/pages/Village-Inn/148572178515106


昔ながらのサンドウィッチ


(c)Shio Narumi

またテイクアウェイ(持ち帰り)なら、この昔ながらのサンドウィッチ屋さんがおすすめです。正直期待しないで入店しましたが、チーズベーコンのホットサンドウィッチが美味しすぎてびっくりしました。


(c)Shio Narumi

またエッグタルトが£0.8(約114円/2019年2月18日現在)など、かなり良心的な価格設定で味も懐かしい感じでした。



ミック・ジャガーが泊まった旧マナーハウス


(c)Shio Narumi

今回宿泊したのは、元々マナーハウスだった建物を利用したB&Bです。ゴシック様式とフィレンツェ風を融合させたデザインで、島で一番古い建物のひとつ。歴史ある建物ですが、幽霊が出たことはないとか。


(c)Shio Narumi

筆者が宿泊したのは、なんとローリング・ストーンズミック・ジャガーが宿泊した部屋!前のオーナーホテルをやっていたときに、音楽イベントでやってきて泊まったとのことです。

メールで直接予約し、文面に「Tabizine’s reader」と書くと10%引になりますのでぜひご利用を。


(c)Shio Narumi

KNIGHT’S REST
knightsrest@mail.com
20 Queens Road, Shanklin, PO37 6AW
http://www.knightsrest.co.uk/index.htm


島の雰囲気


(c)Shio Narumi

ワイト島は音楽やスポーツなど、イベントが盛んな島です。

本土からきたB&Bのオーナー夫妻によると、この島はとても治安がよく、人があたたかいのだそうです。のんびりしていて、50年前のイギリスのようだと。ホテル同士も競争がなく、よくミーティングしたり、クリスマスを一緒に祝ったり、助け合いの精神が発達しているとのことで、島の暮らしがとても気に入っているようでした。

たしかに、田舎のあたたかさのようなものを感じます。オーナー夫妻もとても親切で、いろいろな話をしてくれました。

島の交通

ロンドンからそこまで離れていないワイト島へのアクセスはというと、まず、ロンドンウォータールーから電車でポーツマスまで1時間40分くらい、そこからフェリーで22分。乗り継ぎの時間次第では、2時間と少々で島に到着します。


(c)Shio Narumi

気になるフェリーの揺れ具合ですが、雨の日の往路は5段階でいうと2の揺れで、それなりです。晴れの日の復路はほとんど揺れませんでした。ちなみにフェリーは復路が同日でない場合は、往復£29になります。

島の中はバスの移動がメインですが、港からリゾートエリアシャンクリンまで電車も通っています。


(c)Shio Narumi

観光という意味では冬場はおすすめできませんが。のんびり気分を味わうのであれば、ある意味ベストシーズンかもしれません。


[Photos by shutterstock.com]
ワイト島