フックダウンを奪う鈴木(左)

RISEクリエーション
RISE WORLD SERIES 1st Round」

2019年3月10日(日) 東京・大田区総合体育館


▼第3試合 SuperFight! -55kg契約 3分3R延長1R
〇鈴木真彦(日本/山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
TKO 1R 1分31秒 ※レフェリーストップ
●ユン・ドクジェ(韓国/Uiwang SamsanMAX FC 55kg級王者)
 
 鈴木は卓越したパンチの技術と強打でWBCムエタイ、DEEP☆KICK、HOOST CUP、INNOVATIONタイトルを獲得してきた実力者。2015年8月の那須川天心戦に敗れて以降、14連勝と負け無しの快進撃を続けている。昨年行われた第7代RISEバンタム級王座決定トーナメントでは、決勝で結城将人(31=TEAM TEPPEN)をTKOで破り、王座を獲得。「キックボクシング那須川天心だけちゃうぞ!」と吠えた。
 
 今回対戦するドクジェは、これまで五冠王・加藤竜二(引き分け)、新日本キックエース江幡塁(江幡が判定勝ち)、WPMF世界スーパーバンタム級王者・小笠原瑛作(小笠原が判定勝ち)と国内トップファイターたちと拳を交えてきた韓国トップファイター。江幡戦では敗れたものの、強烈な左ミドルとヒザ蹴りで江幡を苦戦させている。
 
 1R、勢いよくパンチとミドルで攻めてくるドクジェに鈴木はローを返す。さらにワンツーを放ってアグレッシブに前へ出てくるドクジェに鈴木はボディブローで対抗。強烈な左がドクジェのボディに叩き込まれる。
 
 鈴木は早くも打ち合いに行き、右フックダウンを奪うとドクジェをロープに詰めての連打。鈴木の左フックでドクジェの首が大きくねじ曲がり、さらなる連打が決まったところでレフェリーストップした。