インシュアテック(InsurTech)のスタートアップである iChain 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO 加藤 裕之 以下 iChain)は、加入している保険を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリ「iChain 保険ウォレット」に生活リスクに対する保障・補償状況の見える化を実現するダッシュボード機能を追加し、バージョン 1.4.0 として 2019年 3 月11日からApp Storeにて無料配信を開始します。(Google Playでの配信は後日を予定しています。)
ダッシュボード機能について
生活する上での主な6種類の各リスクについて、加入している保険によって保障・補償されているかどうかをチャートで見える化できるようになりました。対応している6種類のリスクは、病気/ケガ、長生き、家族/家計、自動車/自転車、家屋・家財、レジャー/ペットとなります。

図: 6種類のリスクに対する保障・補償状況を表示
これにより、
  • そもそもどのようなリスクがあるかを把握すること
  • 保障・補償されていないリスクを発見すること
  • リスクについてどの程度保障・補償されているかを把握すること
を支援し、保険の見直し・検討のきっかけや参考情報として役立てることができます。

また、家族アカウントを設定している場合には、家族の分の保障・補償状況も見ることができ、家庭全体でのリスク管理を支援します。

今後、リスクの細分化や、リスクと保障・補償内容との対応づけの妥当性の向上、保険以外の保障・補償手段の見える化、など機能のさらなる改善を計画しています。

iChain保険ウォレットの入手方法
2019年3月11日からApp Storeにて無料配信を開始します。
AppStore: https://goo.gl/d2mH3a
(Google Playでの本機能追加バージョンの配信は後日を予定しています)

iChain保険ウォレットについて
日本在住の18歳から69歳の80%以上が生命保険に加入*1しています。このように保険は極めて身近な存在になっているにもかかわらず、日常的に目に触れない場所で保険証券は管理されていることが多く、加入している保険への意識は加入後時間とともに薄れていき、アクシデントが発生した際に保険給付金あるいは保険金の請求を行う際に、保険契約者自身が円滑に行うことを阻害しているとiChainは考えます。

「iChain保険ウォレット」はほとんどの国内保険会社/共済組合の保険/共済商品に対応しており、自身の加入している商品名、契約者、保障・補償対象、保険料、保険期間などの基本情報および保険証券イメージスマートフォンで登録・閲覧できることに加えて、加入商品の情報を家族のスマートフォンへ共有できます。

このような日常生活におけるリスク情報を「iChain保険ウォレット」で管理することにより「もしも」のときに迷わずに自身や家族が保険会社へ連絡し保険金や給付金の請求ができます。

iChain株式会社概要
iChainはブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックのスタートアップです。

個人に対して、これまで紙ベースで行われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現します。

保険会社に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」の提供を計画しています。「iChain Base」は先進的なUIとUXにより異動処理、保険金・給付金支払処理などの契約管理を効率的に行うことができます。さらに「iChain保険ウォレット」と連携することで様々な情報をプッシュ通知にて保険契約者に届けることができます。

会社名:iChain株式会社(英文社名: iChain, Inc.)
所在地:東京都中央区新川1-8-8
設立日:2016年4月1日
資本金:105,420,000円(資本準備金含む)
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之
URL : https://www.ichain.co.jp/

本件に関するお問い合わせ
iChain株式会社 担当 卓 ichain-inquiry@ichain.co.jp

*1: 「生活保障に関する調査 生命保険文化センター」より (http://www.jili.or.jp/research/report/pdf/h28hosho.pdf)
※情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※ロゴ・画像をご掲載いただく場合は、必ずコピーライト表記の記載をお願いします。
コンテンツ利用の際は、パケット通信料が別途かかります。
App Store はApple Inc.サービスマークです。
Google Playは、Google LLCの商標です。

配信元企業:iChain株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ