iStock-519501892_e

photo by istock

 反社会的人格の一種を意味するサイコパスについては様々な研究結果をメディアが取り上げることで、世に広く知られるようなった。

 だが、精神科の専門家たちの間では、それを診断する際の定義について熱い議論が今も交わされている。

 たとえば精神障害の標準的な基準となる「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」の現行版である第5版には、正式な障害としてサイコパシー(精神病質)は記載されていない。

 サイコパスについて概ね見解の一致をみるのが、他者に対する共感の欠如だ。しかし近年では、実はむしろ大胆さという特性に関係するのではという議論がさかんだ。 

―あわせて読みたい―

サイコパスでも他人の気持ちが理解できる。ただし何かを企んでいる時だけ(米研究)
ひょっとして、私の恋人ってサイコパス? 恋人がサイコパスかどうか見分ける14のサイン
サイコパスは脳の構造的に罰を理解できないことが判明(英・カナダ研究)
サイコパスについてあなたが知らないであろう5つのこと
類は友を呼ぶ。サイコパスはサイコパスに惹かれるという研究結果が報告される(米研究)

サイコパスとシャイコパス

 サイコパスといっても普通に暮らしている人から犯罪を犯す人まで様々だが、アメリカ・テキサスA&M大学の心理学ジョン・エデンズによると、一般的な犯罪者サイコパスを区別する決定的な要素が大胆性だという。

 やっかいなことに、この特性は、他人を狙うサイコパスが一見正常であるかのよう振る舞い、社会に溶け込むための仮面のようなものだ。

 一方、大胆性の低い者のことを、エデンズは”シャイ”コパスと呼ぶ。

iStock-866936540_e

photo by istock

サイコパスの持つ3つの特性.


 10年前、心理学者のクリストファーパトリックは、レビュー研究の中で、サイコパスは「卑怯(meanness)」「脱抑制性(disinhibition)」「大胆性(boldness)」という特性が過度に高い人間のことであると論じた。

 サイコパスが卑怯で、多少なりとも抑制が効かない人間であることについては概ね同意されている。

 心理学用語において、meanness(卑怯)とは共感に乏しく、親密な人間関係にほとんど関心を抱かない傾向のことだ。こうした人間は、自分の利益のために他人を利用することに躊躇がない。

 disinhibition(脱抑制性)の高さは、衝動をコントロールできないことと関係する。このタイプはすぐに退屈し、とりわけ不満や敵対心といったネガティブな感情をうまく処理できない。

 パトリックらはここにboldness(大胆性)を加えて、真性のサイコパスはただ卑劣で脱抑制的であるだけでなく、冷静で恐れ知らず、感情的に柔軟で、社会的に支配的な人間であると論じた。

シリアルキラー、テッド・バンディのケース

 こうした人間の格好の例がアメリカシリアルキラーテッド・バンディだ。


Ted Bundy - Serial killer documentaries

 テッドは謙虚さや内気さとは正反対の性格で、くよくよするといったこととはまったく縁遠そうに見える。

 かつて彼は、大勢の犠牲者を誘惑し、そのくせ自信たっぷりに自己弁護を行い、法廷で恋人にプロポーズさえしてみせた。

 あるドキュメンタリーの中でバンディは、犯行の動機を訊かれて、こう答えている。

たぶんリスクを冒すのが好きなんだ。もしかしてリスクなんて気にも留めていないのかも。そんなのは大胆さや何かを達成したいという欲求で克服されてしまっているからね

2_e0
photo by istock

精神障害の診断と統計マニュアルにおける大胆性の扱い

 精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)において、サイコパシーに一番近い症状が「反社会性パーソナリティ障害」だ。

 歴史的にサイコパスと呼ばれてきたとされるこの障害には、7つの診断基準があるが、その5つまでが脱抑制性に関係し、残り2つが卑怯性についてのものだ。

 そこに大胆性に関する言及はない。

 つまり、反社会性パーソナリティ障害は、大胆である必要はないということだ。それどころか、7つの基準のうち3つに適合すればこの障害であると診断されるために、卑怯ですらある必要がない。エデンズのいうところのシャイコパスである。

 しかし現行のDSM第5版には、補足の章が用意され、さらなる研究が必要であると述べられている。

 その補足では、反社会性パーソナリティ障害のための新しい診断基準が提示されている。

 そして、大胆性が高く、卑怯さや脱抑制性を覆い隠すような恐れ知らずの人間関係を築く傾向があれば、サイコパスとの診断も可能かもしれないというのだ。

1_e1

photo by istock

大胆じゃないサイコパスは存在するのか?


 サイコパスと診断する主な要素として大胆性を挙げる新しいモデルが、今後もDSMに取り上げられるかどうかはわからない。

 サイコパスかどうかは、卑怯さや脱抑制性のほうが大胆さよりもずっと重要であると、これについて批判する研究もある。

 それによると、大胆なだけで、卑怯でも脱抑制的でもない人は、きちんと周囲に適応し、特に暴力的でもない。

 むしろ、過度に内向的だったり、神経質だったりするよりは、大胆なのは日常生活を営む上でいいことに思えるという。

 しかし新しい診断基準の支持者は、こうした批判はそれほど決定的なものではないと考える。

 卑怯で脱抑制的であっても大胆ではない人間は、サイコパスが得意とする人身操作までやってのけはしないからだ。

 卑怯さと脱抑制性が好ましくない組み合わせであることは確かだが、大胆さがなければ、大勢の投資家からお金を持ち逃げしてニュースを飾るような真似はしないだろう。

 何も知らない犠牲者を言葉巧みに自宅に誘い込んで襲う可能性だってほとんどない。

iStock-914428378_e

photo by istock

 だがサイコパスじゃなくても、内気だが卑怯なシャイコパスは確かに存在する。そうした人間には近寄らないにことしたことはない。

 だが、テッド・バンディやとは似ても似つかないようなタイプであることも間違いないだろう。

 まだまだサイコパスの研究は続く。研究が進むにつれ、新たなる事実が次々と発見されるかもしれない。これまでの定義が覆されることだってもあるかもしれない。

 エデンズを信じるならば、我々が今までサイコパスだと思っていた人はシャイコパスの可能性だってあるのだ。

References:How to distinguish a psychopath from a 'shy-chopath'/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52271990.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

牛乳にコーラを混ぜた「ミルクコーラ」が海外のツイッターでトレンドに!試してみる人続出中だが・・・
ラクダにラマにハリネズミ!?世界13の面白標識
「大草原の小さな家」でおなじみ、ローラの大好きなおやつ「ヴァニティーケーキ」の作り方【ネトメシ】
日本原産の植物、アシタバに老化防止成分が含まれていることが判明(オーストラリア研究)
香港でマクドナルドと出前一丁が融合した!?出前一丁味のポテトや出前坊やのドンブリなどのグッズが登場!

―知るの紹介記事―

水鳥たちからいじめられていた黒鳥。保護されてもしばらく状況は変わらなかったが、愛する存在を得る(アメリカ)
牛乳にコーラを混ぜた「ミルクコーラ」が海外のツイッターでトレンドに!試してみる人続出中だが・・・
フンを出すときだけ肛門を作る。一時的な肛門を形成するクシクラゲの仲間を発見(米研究)
キャプテン・キッドもここで処刑されていた。イギリス・ロンドンにあった海賊たちの処刑場
水没した都市。かつて本当に存在した10のロストシティ
大胆さが違う。サイコパスと”シャイ”コパスの見分け方(米研究)