3年6試合の契約を締結、復帰戦は6月

 スポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」は元ミドル級3団体王者の“GGG”ことゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)との3年間のグローバル・パートナーシップを締結、およびDAZNアンバサダーに就任した。11日(日本時間12日)に記者会見を行い発表した。

 ゴロフキンは、ミドル級王者歴代最多タイにならぶ20戦連続防衛、史上最多タイの17戦連続KO勝利など数々の偉業を成し遂げた。今回のパートナーシップ契約により、今後3年間にわたり年間2試合(計6試合)をドイツスイスオーストリア、日本、カナダイタリア、米国、スペインとDAZNの全マーケットにて完全中継する。昨年9月に“カネロ”ことサウルアルバレスとの再戦で自信初黒星を喫して以来となる復帰戦は6月を予定しており、元最強王者のリング復帰に注目が集まっている。

 ゴロフキンは「DAZNはボクシングの新しい本拠地として急成長しており、手軽に試合を楽しめる環境をファンに提供しています。次のキャリアを考えた時に、ヨーロッパの実力ある選手たちとの活動も視野に入れ、DAZNのグローバルなビジョンに共感しました。ファンのみなさまには常に感謝しており、DAZNとの取り組みを楽しみにしています」とコメントしている。

 ライバルのカネロもDAZNと昨年10月に、11試合で最低でも総額3億6500万ドル(約410億円)という前代未聞の独占放送権契約を結んでおり、3度目の対戦実現へ前進した格好となった。(THE ANSWER編集部)

ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】