日本海軍の高雄型重巡洋艦は「高雄」「愛宕」「摩耶」「鳥海」と4隻が建造されましたが、実は幻の、5隻目の高雄型が存在しました。建造されたのは当時の敵対国アメリカ、しかも砂漠のど真ん中で、といいます。どういうことでしょうか。

数多の戦果を重ねた高雄型重巡洋艦に謎の「5番艦」

日本海軍には、「高雄型」と呼ばれる重巡洋艦がありました。「重巡洋艦」とは当時、最も大きな「戦艦」に次ぐ強力な水上艦のことで、基準排水量1万トン以下(実際は制限を超えていた)、口径203mm以下の主砲を備えます。高雄型重巡洋艦は1番艦である「高雄」以下、「愛宕」「摩耶」「鳥海」の4艦が建造され、いずれも1932(昭和7)年に就役。太平洋戦争においては主要な海戦の多くに参加しました。

しかし戦争末期の1944(昭和19)年10月下旬に行われた、旧日本海軍にとって事実上、最後の大規模な組織的戦闘になった「レイテ沖海戦」では、「愛宕」「摩耶」が潜水艦の魚雷を受け多数の乗員とともに沈没。「鳥海」は航空攻撃を受け航行不能となり、自軍の魚雷によって処分という最期を迎えます。このとき唯一、生き残った「高雄」は、シンガポールにおいて艦尾を切断された状態だったものの、浮上した状態で終戦を迎えています。

艦艇や船舶は、同じ艦型、船型のものを「姉妹艦」などと表現しますが、実は高雄型には「血のつながりのない五女」が存在しました。その名は「ミューロック・マル」、彼女もまた戦争を生き残っています。

ミューロック・マル」はアメリカまれの艦であり、正式名称は「臨時標的物 T-799(Temporary Building 〈Target〉 T-799)」といい、アメリカ陸軍航空隊が対艦爆撃訓練のために、高雄型を模し建造した「標的艦」でした。なぜ数ある旧日本海軍艦艇のなかから高雄型が選ばれたのかはわかりません。

高雄型「5番艦」、浮かぶは砂漠のど真ん中

T-799の構造は木材フレームと金網からなり、その全長は198mありました。実際の高雄型が203mですから、ほぼ実物大であったといえます。T-799は1943(昭和18)年8月、ロサンゼルスから北北東へ約100km、カリフォルニア州ミューロック陸軍航空基地近郊の、ミューロック乾湖の湖上南端において完成します。

つまりミューロック乾湖に建造された、日本海軍の船を模した標的であるから、ミューロックの地名に日本の艦船に多用される「丸(maru)」をつけ、「ミューロック・マル(Muroc Maru)」と愛称が付けられたのです。

ミューロック乾湖はモハーベ砂漠にあり、周囲に比べてやや低い場所であるものの、普段は流れ込むような河川もなく、さらに降水量よりも蒸発量のほうが遥かに大きいため、その名が示す通り干上がった湖です。そして112平方キロメートルにもおよぶ乾いた湖底は、地球の曲率よりも平坦な粘土質の砂漠となっています。陽炎が発生した場合などは、そのひたすら平らな湖底に浮かぶ「ミューロック・マル」が、まるで本当に海上を航行してたように見えたといわれます。

ミューロック・マル」完成のおよそ半年前である1943年3月、アメリカ陸軍は「スキップボミング」と呼ばれる爆弾投下方法によって、旧日本軍に大打撃を与えています。スキップボミングとは艦船を攻撃する際、低空で爆弾を投下し、「水切り」と同じように海面で爆弾を跳ねさせ船の側面を狙うものであり、高い有効性を実証しました。

海面に似たミューロック乾湖の、湖底にあった「ミューロック・マル」は、スキップボミング訓練のための絶好の標的となり、P-38戦闘攻撃機パイロット、およびB-25B-24爆撃機搭乗員の育成に使われることとなります。

浮かんだ「湖面」は、やがて航空技術の先進地へ

前記の通り、「ミューロック・マル」は終戦まで使われ続け、そして彼女は終戦後もそこに置かれ続けました。つまるところ必要がなくなったため、砂漠に放置されていたわけです。

ミューロック乾湖では1946(昭和21)年にテストパイロットチャールズイェーガーが操縦するベルX-1によって、世界初の超音速飛行が実施されます。乾湖に世界初の飛行機によるソニックブーム衝撃波)が響き渡ったその時も、「ミューロック・マル」はそれを見守り続けていました。

しかし、それもあまり長くは続きませんでした。ミューロック乾湖の平坦で硬い湖底は、ほとんどそのまま滑走路として使えたため、以降この地はアメリカにおける航空機開発・試験の中心地となります。そして1950(昭和25)年、障害物となりかねない「ミューロック・マル」は解体されてしまいました。時同じくして、アメリカ陸軍航空隊はアメリカ空軍として独立。ミューロック乾湖は「ロジャース乾湖」と改名され、そしてミューロック航空基地もまた「エドワーズ空軍基地」と名を変えます。

かつて旧日本海軍重巡洋艦が浮かぶ“海面”だったロジャース乾湖の湖底は、10本以上の滑走路が整備され、うち1本は世界最長の約12kmにも達します。そこにはもはや「ミューロック・マル」の姿はありませんが、世界の航空技術開発において最も重要な飛行場、エドワーズ空軍基地に「ミューロック・マル」が存在した歴史は、脈々と受け継がれています。

【画像】アメリカ軍側資料における高雄型重巡洋艦の見取り図

旧日本海軍の高雄型重巡洋艦1番艦「高雄」。艦名は京都府の高雄山にちなむ(画像:アメリカ海軍)。