JAF(一般社団法人日本自動車連盟)兵庫支部(支部長 西川 博之)は、3月14日(木)、幼児向けの交通安全教育を目的とした「JAF交通安全ドレミぐるーぷ公演」を神戸市の「聖ミカエル幼稚園」で開催します。
JAF交通安全ドレミぐるーぷでは、幼児が楽しみながら学べるよう、ボランティアグループによる生演奏(ピアノフルートカホンパーカッション)・電子ドラム等)の心地良い音色に歌や人形劇を交え、「どうろにはとびださない!」「くるまのそばではあそばない!」「こどものおせきはチャイルドシート!」など、交通安全のお約束を伝えます。

【過去に実施した幼稚園職員の感想抜粋】
「歌、楽器演奏と楽しい雰囲気の中で交通安全についての大切なことを話していただき、子どもたちも興味をもって参加することができました。公演時間も園児にはぴったりの長さだと思います」
【公演実績】
2018年度 公演回数 26回 参加人数 3,125人 
2007年~ 通算公演回数 249回目 通算参加人数 31,640人   
                     
  公演日時:2019年3月14日(木)10時30分~11時10分
  場  所:聖ミカエル幼稚園神戸市北区南五葉)

配信元企業:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ