映画『麻雀放浪記2020』の追加キャストと新たな場面写真が公開された。

4月5日から公開される『麻雀放浪記2020』は、戦後復興期のドヤ街を舞台に、賭博麻雀を題材にした阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』が原案。東京オリンピックが中止になり、失業者と老人が溢れる2020年を舞台に、1945年からやってきた主人公・坊や哲らの麻雀での死闘を描く。坊や哲役を斎藤工が園児、監督を白石和彌が務めた。

今回出演が発表されたのはタレントヴァニラ。総費用2億円以上の全身整形を施したというヴァニラは劇中で、2020年の東京の様々な場所に出現する量産型AI搭載セクサロイド役を演じる。外見は人間だが魂がなく、ときにはバッティングセンターの客寄せ、ときには高級クラブのホステスとしてなど、物語の随所に登場する。この量産型AI搭載セクサロイドは、劇中でベッキーが演じているアンドロイド・ユキのもとになったアンドロイドという設定だ。ヴァニラが映画に出演するのは今回が初めて。

ヴァニラコメント
初めての映画出演でとても緊張したけど、和気あいあいの現場でとても楽しかったです。
監督やスタッフさんに色々とご指導頂きながらアンドロイド役を演じさせて頂きました。
びっくりしちゃうようなシーンもあるので是非皆さん楽しみにしていてくださいね

■白石和彌監督のコメント
究極の美しさを求めるヴァニラさんに強い感銘を受け、量産型アンドロイドを演じて頂きました。
二度登場しますが、少しアンドロイドとしての仕様が違います。将来のアンドロイドヴァニラさんの容姿になったら最高だと思いました。

『麻雀放浪記2020』 ©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会