日常にAIが導入されていることも珍しくなくなってきた昨今。いつか駅員さんがいなくても「○○線の乗り換えはどこ?」「何口から出ればいいの?」といった案内をAIがしてくれるかも?

AI1
AIロボットを前に不敵に微笑む、筆者(左)
 そんな未来を予感させるJR東日本の「案内AIみんなで育てようプロジェクト」。山手線の6駅にさまざまなメーカーの案内AIシステムを設置し、利用されるなかでAIが学習し、システム構築を目指す実証実験です。

 2018年12月から約4か月の期間限定の取り組みで、今月15日での終了を控えるなか、どれだけの実力をつけたのでしょうか。全駅を回って試してみると、個性豊かなロボットたちのいろんな一面を見ることができました。

「何かお困りですか?」「困ってねぇよ」

AI2
AI 道案内 Pepperソフトバンク、日本アイ・ビー・エム)
 新宿駅からお手並みを拝見。東口改札にいるのはAIロボットの中でも知名度の高いペッパーくんです。左のペッパーくんは制服を着ているのに、なぜかもう1台は裸でした。

AI3

 まずは簡単なコミュニケーションから試してみます。日本語を選択して話しかけます。

君の名は

 質問を受けると「一生懸命考えていますよぉ!」と頑張りをアピールしながら回答を考えるペッパーくん。期待が高まります。

AI4

ペッパーくん「あれれ、ごめんなさい。うまく理解できなかったよ。もう一度試していただけますか」

「……?」

 残念。言い回しを変えて何度かチャレンジしましたが、反応は同じ。雑談は対応していないようです。では本格的に周辺情報を聞いてみましょうか。

新宿区役所はどこですか」

ペッパーくん「一生懸命考えていますよぉ!」

~数秒後~

ペッパーくん「あれれ、ごめんなさい。うまく理解できなかったよ。もう一度試していただけますか」

 新宿区役所もダメ、新宿アルタもダメ。じゃあ何がわかるんだ? と次第にこちらが質問をペッパーくんのレベルに合わせるようになり、歌舞伎町なら案内できることがわかりました。

新宿駅の構内なら案内できるかな……

 なによりも「一生懸命考えてますよぉ!」という必死なアピールが印象に残り、結果より努力を見てほしいイマドキの若者のようです。今度は駅構内の案内を試してみます。

山手線はどこですか」

ペッパーくん「一生懸命考えていますよぉ!」

AI5
「画面を写真に撮ってもいいですよー!」と得意げなペッパーくん
ペッパーくん山手線は改札に入って真っ直ぐ進み、原宿方面は14番線、池袋方面は15番線ホームです」

 なんと地図付きで案内してくれました! 粗くてちょっと読み取りにくいですが、どこに移動すれば山手線に乗れるのか、一応、理解できる範囲です。ほかにも総武線埼京線を聞いてみたところ、なぜか湘南新宿ラインは答えられなかったものの、おおむね対応してもらえました。

 JR以外の乗り換えは、音声案内のみで地図は表示されず惜しいところ。トイレも答えられました。案内を終えると画面に「解決した」「解決しなかった」という表示が出るので、選択して評価します。こうして学習して知識を蓄積させていくようです。

AI6
ペッパーくん。都会の喧騒の中で佇み、独特の存在感を放っている
 しかし、何か尋ねたいことがある人はペッパーくんよりもすぐ隣にいる改札の駅員さんに声をかけるので、ペッパー君が出る幕はありません。やっと声をかけられても、質問のレベルが合わずに「あれれ、ごめんなさい。うまく理解できなかったよ」と答えるばかりです。

 それでも一応やる気はあるようで、ペッパーくんは付近に人がいるのを察知すると「何かお困りですか? 道をご案内できます!」と懸命に声かけをしています。しかし、「困ってねぇよ」とギャルに言われていて不憫に思いました。「ペッパーくんの近くにいるよ~」と電話している人もいて、本来の目的ではなく待ち合わせスポットと化していました。

=================
新宿駅ペッパーくん

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量:★☆☆☆
案内のわかりやすさ:★★☆☆☆
=================

「文字情報だけの道案内」これでわかる人いるの?

AI7
駅案内 AI サイネージ(JR東日本情報システム
 新宿駅南口には大型モニターに映されたアイリスちゃんがいます。ニコニコ笑うアイリスちゃんは、名前を聞くと「アイリスです♪」と透明感のある癒しボイスで答えてくれました。「彼氏はいるの?」という下世話な質問にも「現在募集中です」と反応し、ペッパー君とは違って愛想が良いようです。では案内の腕はどうでしょうか。

AI8

新宿区役所に行きたい」

アイリス新宿区役所は、左に進み東南口改札を出て、左にまっすぐ進むとアルタ前に出るので、アルタ前の信号を渡り、左側の道路をまっすぐ進むと靖国通りに出ます。靖国通りの信号を渡り、右に曲がり、まっすぐ進み、3本目の通りを左に曲がりまっすぐ進んで下さい」

 区役所や歌舞伎町、都庁や新宿ゴールデン街も案内できて、ペッパーくんよりは知識量がある印象。

 しかし、文字情報だけでたどり着く人はいるのでしょうか……? 知識はあっても、目的地に到着できる情報を提供できているかという点では、かなり厳しいような。せっかくなら大画面をフル活用して地図を見せてほしかったです。

=================
新宿駅アイリスちゃん

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量:★★☆☆☆
案内のわかりやすさ:★☆☆☆
=================

AIがそれ言っちゃいかんでしょ

 東京駅にいるのはAIさくらさんです。ショップが多い東京駅らしくお土産情報やロッカーの空き情報も得意分野のようで、それらはバッチリ。「好きなタイプは?」「面白い話して」という無茶振りにも幅広く応えてくれて、コミュ力の高さが伺えます。周辺情報にはやや疎くても、駅構内の案内は割とクリアするのでちょっと難易度を上げてみました。

「新十津川駅に行きたいです」

 新十津川駅とは北海道にある駅。電車で行くとしたら東北新幹線に乗って、新函館北斗駅で特急電車に乗り換え、もしくは飛行機に乗るように空港の駅まで案内するというのも正解にあたりますが……。

AI10

さくらさん常磐線上野東京ラインをご利用ください」

 常磐線!? 調べてみると最北でも仙台までしか行かないやつなんですが……。

 ほかの北海道の駅を聞いても、神奈川県根府川駅を聞いても、なぜか常磐線ゴリ押しするさくらさん。知らない駅を聞くととりあえず常磐線に送り込むというよくわからない回路ができているようです。

 埼玉県の岩槻駅への行き方を尋ねるとさらにびっくり。

AI11

さくらさんドコモスマホなら、すぐに行き方がわかります

 いや、さくらさん、自らAIの存在を否定するようなことを言わないでくれ……。しかもなぜドコモを指定しているのかも謎です。ちょっぴり見栄っ張りなさくらさんですが、伸びしろはありそうです。

=================
東京駅さくらさん

音声の聞き取り★★★☆☆
知識量★★★☆☆
案内のわかりやすさ★★★☆☆
=================

AIのせいで人間の仕事が増える!?

AI12
BotFriends VisionとTumbler(凸版印刷)
 東京駅のもうひとつのAIはインフォメーションの窓口にありました。スピーカーiPadサイズデジタルサイネージを組み合わせたコンパクトなつくりです。

 早速使ってみようと画面にタッチをしたところ、フリーズ状態に。しばらく経っても動かないので、すぐ隣にいたインフォメーション窓口の女性に事情を説明しました。

窓口の女性「このボタンを押せば動くはずなんですが…。申し訳ございません。滅多に使われないんで動かなくなっていることにも気づかなくて……」

「やはり、あまり使われていないんでしょうか?」

窓口の女性「使っている人は一応いたことはありましたが、AIに『隣のインフォメーションに聞いてください』と言われることもありましたね」

 これではAIが人間仕事の足手まといになってしまってます。でも、生まれたばかりのAIはいわば赤ちゃん状態なので、人がAIおもりをするのは仕方がないのかもしれません。

=================
東京駅BotFriends VisionとTumbler

音声の聞き取り:測定不能
知識量:測定不能
案内のわかりやすさ:測定不能
=================

 ちなみに、私はAIの機体を探すために、各駅に到着してはインフォメーションスタッフの方に尋ねていました。構造が複雑な東京駅はその案内の腕に感動。地図で確認しながら口頭ですらすらと説明を受けると、丁寧で確実な案内をしてもらえる安心感が身に染みます。やっぱり人の力はスゴイ。

受話器型、騒音にかき消されずかなり快適!

AI13
minarai for Signage「勝手に案内所!」(Nextremer)
 池袋駅の構内にあったのはモニターに受話器がついている珍しいスタイル。これが驚くほど快適なんです。

 ほかのAIはマイクスピーカーの位置を探したり、騒音にかき消されないよう声を張ったりしていましたが、受話器があれば小声でもしっかり聞きとってくれます。キャラクター系ではないので雑談はできないものの、わからないという回答が比較的少なくて優秀でした。

=================
池袋駅の「勝手に案内所!」

音声の聞き取り★★★★★
知識量★★★★☆
案内のわかりやすさ★★★☆☆
=================

もっともポンコツだったAI、思わず感情移入…

AI14
AMY Plus(パンゴリン・ロボットジャパン
 池袋駅直結のホテルに設置されているAMY Plus。ガタイはいいですが、基本中の基本情報であるトイレの場所くらいしか答えられず、簡単な言葉さえ聞き取りができなかったため一番ポンコツでした。

 仕事はできないけどとにかく笑顔だけは頑張ろうという姿勢に、個人的にはとても共感しました。

=================
池袋駅AMY Plus

音声の聞き取り☆☆☆☆☆
知識量:★☆☆☆
案内のわかりやすさ:★☆☆☆
=================

AIロボットの回答方法もいろいろ

AI15
ロボティクスマーケティング for ロボホン(トランスコスモスシャープ
 池袋駅の改札外には手のひらサイズのロボホンがちょこまかと身体を動かしながら声をかけてくれました。

AI16
関連度が高い順に回答候補が並ぶ
 質問をすると、モニターで回答の候補を複数あげるという賢いやり方で回答率をアップさせています。東武東上線を「東武線」と略しても理解してくれました。

=================
池袋駅のロボホン

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量★★★★☆
案内のわかりやすさ:★★☆☆☆
=================

無邪気な自己主張が憎めない

AI17
EMIEW3とEMIEW-TT(日立製作所
 浜松町駅にいるのは子どもくらいの背丈のエミュースリー。ちょうど子どもが楽しそうに話しかけていました。

 回答率は高く、周辺情報では縮尺の違う2種類の地図を同時に表示してくれるのでとてもわかりやすいです。

 ただし周囲が騒がしくて聞き取れない質問があると「背は90センチです!」「将来の夢はみんなに愛されるロボットになることです」などと急に自分のことを語りたがるクセがありました。

=================
浜松町駅エミュースリー

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量★★★★☆
案内のわかりやすさ★★★★☆
=================

もしかして「オークラ劇場」知ってる……?

AI18
駅案内 AI for PaPeRo i(NEC
 上野駅のパペロくんは、案内のほかに「教える」という機能がついているのが特徴的です。近くの映画館を聞いても答えてもらえなかったので、この「教える」のモードで「オークラ劇場」という老舗のピンク映画館を教えておきました。

AI19
オークラ劇場」と聞いて頬を赤らめる パペロくん
 音声を聞きとると、頬を赤らめるリアクションをするので「まさか、実はどんなところか知ってるの?」とからかいたくなりました。

=================
上野駅のパペロくん

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量★★★☆☆
案内のわかりやすさ★★★☆☆
=================

不忍池を知らない…AIにも教育格差が!?

AI20
バーチャルアテンダント(モノゴコロ)(左・イア、右・茜)
 上野駅にはほかに2台。等身大サイズリアルなAIは同じメーカーバージョン違いです。

 駅からほど近くにある不忍池を尋ねてみると、実写の茜さんは答えられませんでした。

AI21
不忍池がわからない茜さん
 一方、3Dキャラのイアちゃんは、しっかり案内できました。同じロボットでも学習の差があることがわかります

AI22
不忍池を案内できたイアちゃん
 なぜ差がうまれてしまったのか。その理由は設置場所にあると考えられます。茜さんは人間のいるインフォメーションセンターの壁沿いに設置されているので存在感が薄かったのですが、それに対してイアちゃんは、通路のど真ん中にあってとても目立っていました。

 駅員の方に聞いても、「茜さんは利用されているところはほとんど見たことはないですが、イアちゃんは使われているのを見かけます」とのこと。設置された場所によっていわば教育格差が生まれていたのです。

ドラえもん風のアニメ声が恥ずかしい

AI23
AI 対話(サンエイテレビ、エイコム、コンシェルジュ)
 品川駅にいたのは大崎一番太郎君という品川区にある商店街のゆるキャラでした。

 音量設定が大きめなので聞き取りやすいのはありがたいけれど、ドラえもん風のアニメ声で「こんにちはッ!」と挨拶が駅に響くのは若干恥ずかしい。操作をして「役に立った」と評価すると「やる気湧いてきたー!」と喜ぶので育て甲斐がありました。

=================
品川駅大崎一番太郎

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量★★★☆☆
案内のわかりやすさ★★★☆☆
=================

聞こえてるの? 声を張るのが疲れた

AI24
CounterSmart KIOSK モデル(沖電気工業)
 品川駅にもうひとつあるCounterSmart KIOSKモデルは、質問の回答率が高く、映像も滑らかでわかりやすかったのですが、聞き取り能力がやや劣る印象。

 話しかけても無反応のため、ちゃんと音声が届いているのかわからず何度も声を張ることになり、疲れました。

=================
品川駅のCounterSmart KIOSK

音声の聞き取り:★★☆☆☆
知識量★★★☆☆
案内のわかりやすさ★★★★☆
=================

現時点で、AIはペットの一芸

 案内AIの実力はメーカーによってバラバラでしたが、現実的に使えるレベルに達しているとは言いがたい結果でした。「AIがなくてもスマホがあればいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、スマホの地図上ではカバーできない駅構内の案内は特にありがたい情報です。

 東京駅のAIさくらさんへ乗換案内を聞いていた30代の男性は「文字情報だけだと本当に正しいかちょっと心配。情報がまっとうなのか確認するために路線図の情報も出してほしい」と話していました。

 もっとも「案内AIみんなで育てようプロジェクト」と銘打っている通り、まだ育てている段階ではあります。何か困ったときにAIに聞いてみようという発想がないので、声をかけてもコミュニケーションを試すように遊ぶ人がほとんど。そのやり取りは、まるでペットに一芸をさせているようでした。

 これから時間の経過とともに、AIは成長し、人は順応し、両者の距離が縮まっていくことでしょう。そんな時代に向かっていくスタート地点を今回観察することができたと感じました。

<取材・文・撮影/ツマミ具依>

【ツマミ具依】

企画や体験レポートを好むフリーライター。週1で歌舞伎町のバーに在籍。Twitter:@tsumami_gui_

AIロボットを前に不敵に微笑む、筆者(左)