2019年9月14日(土)~29日(日)横浜・KAAT 神奈川芸術劇場、10月3日(木)~6日(日)兵庫・兵庫県立芸術文化センターにて上演する、ミュージカル『怪人と探偵』のビジュアルが公開された。

本作は江戸川乱歩が生み出した、日本文学史上最も有名な大怪盗・怪人二十面相名探偵・明智小五郎を主人公に、「少年探偵団シリーズ」など乱歩作品に登場するキャラクターたちが、騙し騙される華麗な対決を繰り広げる、新作ミュージカルだ。解禁となったビジュアルも怪人二十面相VS明智小五郎に加え、乱歩の世界を彷彿させるものになっている。

本公演の作・作詞・楽曲プロデュースを手掛けるのは、日本を代表する作詞家で、ミュージカル界でも活躍著しい森雪之丞。演出は次々と話題作の演出で注目を集める、KAAT 神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃。果たして世界で一番綺麗な宝石、「愛」を手に入れるのは怪人二十面相か、それとも名探偵・明智小五郎か。昭和モダンを背景に、極上のエンターテインメント作品が誕生する。

そして出演は、『ジャージー・ボーイズ』など唯一無二の歌声で人々を魅了するミュージカルスターの中川晃教、そして『1789 -バスティーユの恋人たち-』『タイタニック』など大型作品の主演が続く加藤和樹ヒロインには『ファンホーム』や『メタルマクベス disc2』に出演し、次世代のミュージカル界の歌姫として注目を集める大原櫻子。競演陣は、実力、個性共に申し分ない面々。さらに東京スカパラダイスオーケストラテーマ音楽を書き下ろし、『怪人と探偵』の対決を盛り上げる。作曲は、『SONG WRITERS』にて主題歌を始め3 曲を作曲したWEAVER の杉本雄治が参加。2011年GOLD』、2014・2017年アダムス・ファミリー』でもタッグを組んだ森雪之丞白井晃がお届けする注目の新作ミュージカルに期待しよう。

森雪之丞(作・作詞・楽曲プロデュース)コメント

相対するモノすべての比喩
『怪人と探偵』は、僕が脚本から立ち上げたミュージカルの3作目に当たります。2 作目の『SONG WRITERS』が好評だったお蔭で凄まじい熱が僕の中に生まれ、2014 年には既に1 幕を書き上げていました。乱歩さんが産み出した二十面相と明智には、“光と影”“情熱と沈着”“悪徳と正義”“欲望と理性”といった相対するモノすべてを比喩させることができます。こんなにミュージカルに適した逸材にどうして誰も気づかないんだろう!と、白井さんを口説いたあの夜から早5 年、準備に時間をかけた甲斐あって、最高に魅惑的なキャストと俊英なスタッフが揃いました。スカパラテーマ曲も“昭和モダニズム”に溢れて御機嫌です。日本発、日本ゆえのオリジナルミュージカル、どうぞ御期待ください。

白井晃(演出)コメント

森雪之丞さんから「江戸川乱歩を題材にしたオリジナルミュージカルを創りたい。」というお話を聞いた時、「その手があったか! 何故今までこの題材が扱われて来なかったんだ。」と大興奮したのを覚えています。それほどまでに、怪人と探偵」はスリルサスペンスに富んだ、まさに日本発のミュージカルにぴったりの内容なのです。ワクワクする魅力的なキャスト東京スカパラダイスオーケストラテーマ曲に乗って、ドキドキするようなミュージカルに仕上げたいですね。