ウォルト・ディズニー・ジャパン3月13日電気グルーヴピエール瀧こと瀧正則容疑者(51歳)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、瀧容疑者が声優を務めていた映画「アナと雪の女王オラフ役の声優交代を発表した。

公式サイトに掲載された「『アナと雪の女王』声優交代に関するお知らせ」では、「ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、『アナと雪の女王』に登場するオラフ日本語吹き替え声優を交代することを決定しましたのでお知らせします」と告知している。現時点で後任については触れていない。

瀧容疑者は2014年に公開され、興行収入254.8億円を記録した映画「アナと雪の女王」で雪だるまオラフの吹替を好演。その後、関連作品であるショートクリップオラフアドバイス」、短編映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」、人気ゲームキングダム ハーツIII」などにもオラフ役で出演していた。

なお、「アナと雪の女王」は続編となる「アナと雪の女王2」の11月22日 日米同時公開が発表されている。同作の日本語吹替キャストには、新しい声優が起用されることになる。