欧州サッカー連盟(UEFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが先日のマンチェスター・ユナイテッド戦後にSNSで発したコメントに関して調査を開始したようだ。イギリスBBC』が報じた。

PSGは6日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでユナイテッドと再戦。敵地で行われた1stレグを2-0の先勝で飾ったPSGだったが、この試合では1-3で敗れてまさかの逆転負けでの敗退となった。

負傷離脱中のネイマールはこの一戦をスタンドから観戦。だが、ビデオアシスタント・レフェリー(VAR)の結果、後半アディショナルタイムに献上したPK時は、いてもたってもいられずピッチレベルまで降りて、敗退決定の瞬間を過ごした。

そのネイマールは試合後も怒りが収まらず、インスタグラムストーリー機能を利用して、「恥ずべきこと。サッカーを知らない4人がVARを担当した。キンペンベはどうやって背中でハンドをするんだ! 消え失せろ!」と審判団に怒りをぶちまけた。

そして、UEFAはこの発言が規則に反する可能性があると判断し、公式に調査をスタート。仮に、UEFAの倫理規律委員会が違反を認めた場合、来シーズンのCLで最大3試合の出場停止処分が科される模様だ。

サムネイル画像