冬から春にかけて見ごろを迎える美しいスイセンは、実は福井県県花でもあります。そしてこれからの時期、福井県越前町の「越前岬水仙ランド」では、見事な水仙畑を見ることができるんです。

同園で2019年3月24日(日)より繰り広げられるのが、絶景イルミネーションイベント水仙岬のかがやき2019」。今回は、日没後の越前岬を彩るこの美しい夜の世界をご紹介します。

1万6,100個設置されるLEDの「ペットボタル」が彩る、夜の幻想ワールド

太陽エネルギーで発電・蓄電し、暗くなると自動で点灯する太陽光発電パネル付きの発光装置「ペットボタル」を設置し、日没後にイルミネーションを実施している越前岬水仙ランド

四季の大自然」をテーマに、越前町ゆかりの文人の足跡を残す「自然文学資料館」をはじめ、ギリシャ神話のナルシスを意識した「ナルシスの丘」、豪快なパノラマを誇る「展望ゾーン」、水仙郷を見ながら散策できる「水仙ゾーン」など見どころがいっぱいの施設です。

周辺の越前岬は淡路島、南房総・鋸南町と並んで「日本水仙の三大群生地」として知られており、その面積は日本最大級を誇ります。満開の時期には、約6万平方メートルの畑に約1,500万本スイセンが咲き誇り、あたりを甘い香りで埋め尽くし「大自然に抱かれた気分を味わえる空間」として愛されています。

この越前岬を「水仙岬」と名付け、LEDの「ペットボタル」を1万6,100個設置。日中の水仙がイメージできるほどに美しく、壮大な電飾の花を咲かせるイベントが「水仙岬のかがやき2019」です。

石川県能登半島の「あぜのきらめき」、富山県牛岳温泉スキー場の「虹のかけはし」と同じシステムを用いたイルミネーションの「水仙岬のかがやき」は、30分おきに、「白+ゴールド」・「緑+紫」と色が変わり、幻想的な世界が広がります。歩いているだけでうっとりしてしまいますね。

水仙が満開を迎える季節、昼間だけでなく夜も楽しめる春のイルミネーションとして、華やかに展開される「水仙岬のかがやき2019」。夜を楽しむためには、宿泊でゆっくり時間を過ごすことがおすすめです。ぜひ、大切なご家族や恋人と、春の思い出作りに出かけてみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

TRiP EDiTOR