スペイン『ムンド・デポルティボ』がマンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)のバルセロナ復帰を否定した。

2018年1月にアーセナルからユナイテッドに移籍したサンチェス。だが、コンディションが整わず、本来から程遠いパフォーマンスが続いており、ユナイテッドの放出希望が熱を帯びつつある。だが、サンチェスが受け取る年俸2500万ユーロ(約31億5000万円)の高給が他クラブの興味を削いでいるとの見方が強い。

そうしたなか、ユナイテッドからサンチェスレンタル復帰オファーを受けたバルセロナだが、今以上に高給選手を雇用できるほど経済面に余裕がなく、この提案を断ったという。なお、そのサンチェスを巡っては以前より、欧州屈指の資金力を誇るパリ・サンジェルマン(PSG)の関心を示しているとみられる。

サンチェス2011年夏にウディネーゼからバルセロナに加わり、2014年夏までプレー。公式戦通算141試合に出場して47得点35アシストを記録した。

サムネイル画像