ねほりんぱほりん

13日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)では「その後を知りたい女達スペシャル」をお送りし、パパ活女子が再登場した。

パパ活とは、若い女性が年上の男性とデートをすることでお小遣いをもらう活動だ。しかし、女性が犯罪や性被害に巻き込まれる事例も多く危険と隣り合わせ。今回は、そんなパパ活を行っているゲストが驚くべきことを報告した。

 

■まさかの結婚…

以前、パパ活女子には3人の「都度パパ」と2人の「月極パパ」がいたが、今は1人の月極パパとだけ続いているという。なお、4人のパパを切った理由は、ニューステレビ番組などでパパ活というワードを見るようになり、バレていないか不安になったため。

パパ活女子は月極パパから3か月に1回告白されていたが、半年ほど経ってから告白を全くされなくなったという。

それどころか、現在はパパの書類づくりの手伝いを始めて30万円のお給料をもらっている。これについてパパ活女子は「ちょっと罪が軽くなった感じ」と笑い声を上げた。

そして驚くべきことに、そんなパパ活女子は8月頃に結婚する予定だという。「結婚となると、パパ活は本当の潮時」と語るパパ活女子に、司会の南海キャンディーズ山里亮太は「当たり前だよ」と間髪入れずにツッコミを入れた。

また、結婚相手は年収750万円の25歳。司会のYOUが「すごっ!」と仰天すると、パパ活女子は「すごいんですか?まぁ、自分はこんぐらいのレベルかなっていう…」と発言し、山里が「これだよ」と呆れ返った。

 

■「数年で離婚するのでは」の声

パパ活女子は、パパ活を卒業することについて「パパから振られるのは絶対なし」や「彼氏や結婚の話はせずにフェードアウトしたい」などと言いたい放題。

視聴者からは「数年で離婚してしまうのでは」「刺されないかドキドキする」といった声が相次いで上がっている。

 

■パパ活したい女性の割合は?

しらべぇ編集部は、全国20~60代の女性665名を対象に「パパ活」について調査を実施。

「相手さえいればパパ活をしたい」と回答したのは、31.3%と20代女性が最も多かった。その中には、パパ活を甘く見ている人が多くいるに違いない。

・合わせて読みたい→20〜30代女性の「パパ活率」を調査 まさかの「人妻パパ活」も流行中か

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の女性665名

『ねほぱほ』パパ活女子再登場 驚くべきことを報告し「そのうち刺されそう」と心配の声続出