14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、バイエルンドイツ)はリヴァプールイングランド)に1-3と敗戦。2試合合計1-3で8年ぶりのベスト16敗退が決まった。

 バイエルンキャプテンを務めるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーはCL通算100試合出場を達成したものの、節目の一戦を飾ることはできなかった。試合後のコメントバイエルンの公式HPが伝えている。

 ノイアーは「リヴァプールが勝利に相応しい。自分たちのモチベーションは高かったし、熱くなっていた。試合に臨む姿勢は悪くなかったと思う」と相手を称えつつ、チームの姿勢については一定の評価を示した。

「1-1の後に逆転できていれば良かっただろうけど、セットプレーからのゴールにやられてしまったね。時間帯も良くなかった」

 バイエルンは26分に先制を許した後、39分に同点に追い付いて後半を迎えた。1-1のまま推移したものの、69分にCKから勝ち越しゴールを許し、84分に3失点目を喫して万事休す。ホームで失意の敗退決定となった。

CL通算100試合出場を達成したノイアー [写真]=TF-Images via Getty Images