3/6に行われたArai Freeride FWQ2*をもって、FWT JAPAN SERIES 2019の予選シリーズFreeride World Qualifier(FWQ)の大会が全て終了しました。

シーズン、日本で行われたFWQは白馬とロッテアライリゾートでの2大会のみでしたが、今シーズンは開幕戦の白馬大会の後、舞子スノーリゾート、キロロリゾート、ロッテアライリゾートと日本各地で全4戦が行われました。

大会難易度が1スター~4スターと4段階ある内、舞子スノーリゾートが1スター、キロロリゾートとロッテアライリゾートが2スター、白馬が3スターで、それぞれの大会でオリンピック出場経験選手からフリーライドファン、欧米、中国、台湾、韓国人選手も含む、多くの選手たちがそれぞれのベストを出して熱い戦いを繰り広げました。

イベントポイントを合計して算出される2019シーズンのトータルポイントから、日本人総合ランキングを発表致します!

スキー男子◆
1位 Yu Sasaki 1184point
2位 Aren Kajita 1050point
3位 Yuki Shibata 900point

スキー女子◆
1位 Miki Nakagawa 2100point
2位 Ayako Kuroda 1440point
3位 Reika Izawa1125point

スノーボード男子◆
1位 Takafumi Konishi 1190point
2位 Go Biyajima 1150point
3位 Keita Yamazaki 1100point

スノーボード女子◆
1位 Mutsumi Ido 1350point
2位 Aya Sato 920point
3位 Sakiko Kato 600point

ランキング検索はこちらから●
https://fwt.memberpro.net/main/body.cfm?menu=rankings&submenu=directoryRankingFWTNATL
(検索例:男子スキージャパンシリーズランキングが見たい場合、検索バーから”FWQ - JPN 2019 SKI MEN”を探してクリックする)


シーズンも、FWTは日本での展開をさらに加速させる予定です。乞うご期待。


Freeride World Tour(FWT)とは】
FWTは1996年スイスで第一回大会が行われ、その規模はフリーライドファンの増加と共に拡大。現在は世界で唯一最大のフリーライドの世界ツアーとなりました。(2017年は男女・スキースノーボード・予選・ジュニア合わせて5600人以上の選手が世界を転戦し、合計150大会が欧州・北米・南米・オセアニアアジアで実施されています。)
FWTは、日本国内でも長野県白馬村で1/19(土)に行われた世界の5大大会の一つ、Freeride World Tour Hakubaをはじめ、舞子リゾート、キロロリゾート、ロッテアライリゾート、白馬コルチナスキー場で、予選シリーズFreeride World Qualifier)、ジュニア部門(Freeride Junior Tour)など9つのイベントを開催しています。

フリーライドスキースノーボードについて】
フリーライドは、ゲレンデ滑走だけでなく山の自然な地形を楽しむ新しいウィンタースポーツスタイルで、世界及び日本でも人気が高まっています。特に日本の質の高い大量のパウダースノーは海外で「Japow」(JapanPowder Snow)と呼ばれ、日本は最高のフリーライド体験が得られる国の一つとして国際的に認知されてきています。

ウェブサイト
http://freerideworldtour.jp/ (日本)
https://www.freerideworldtour.com/ (インターナショナル
http://www.k2japan.com/ (K2ジャパンウェブサイト

◆公式SNS
-Facebook
https://www.facebook.com/FreerideWorldTour/
-Instagram
https://www.instagram.com/freerideworldtour/
-YouTube
https://www.youtube.com/user/FreerideWorldTourTV/
-TikTok
http://vt.tiktok.com/J1YKQ5/

配信元企業:FWTジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ