映画『妖怪ウォッチシリーズより、2019年冬公開予定の最新作のタイトルが『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』に決定。公開されたコンセプトアートには、どこか見覚えのあるキャラクターが描かれている。

【大きい画像を見る】『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2019


妖怪ウォッチ』は、株式会社レベルファイブが企画・原作を手掛け、ゲームアニメ、漫画、玩具と、数々のクロスメディア展開を行う人気コンテンツ

そしてこの度、映画『妖怪ウォッチシリーズ第6弾のプロジェクトが発表された。
『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』は、シリーズの新しいブランドロゴ『妖怪ウォッチJam』を冠したタイトルに。しかし、『妖怪ウォッチシリーズであるにもかかわらず、“ウォッチ”が入らないタイトルの理由とは。なにかを仄めかすようなタイトルだ。


なお本編は、トップクラスの能力を有するものだけがスカウトされ、入学を許される超エリート校「Y学園」が舞台となる。「Y学園」に入学した主人公に降りかかる、恐るべき怪事件の数々。ギャグ満載のぶっ飛び妖怪冒険活劇が繰り広げられる。

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』は、2019年冬公開予定。

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチプロジェクト 2019【ほかの画像を見る】『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』コンセプトアート(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2019

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか(仮)』コンセプトアート(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2019