独特な言語センスで知られるモデルの滝沢カレンが13日、自身のインスタを更新。舞台の演出・脚本に挑戦することを明かし、話題になっている。

 

■「パッカパンパーン」

「パッカパンパーン」と、独特な滝沢語でセルフファンファーレを鳴らした滝沢。「皆さま、飾った画像を見てください なんだと思ってますか?」と、添付された画像にファンの視線を移動させる。

みなさん、こんにちは😊 本日19:30頃からより、見せます本気のインスタライブを開催させることです🙈💞💓✨ 皆さまご準備できていますでしょうか❓ パッカパンパーン🌟⭐️✨💫🎪🎖🏵🎭🤹🏻‍♂️🎗🎉🎁🎊🎁🎊🎉💞💓💕💕💕 皆さま、飾った画像を見てください🙇🏼‍♀️💓 なんだと思ってますか❓ そうです、、、、、、☺️💓 私が去年からマネージャーさんとしたいしたいと夢を熱く語り合った2人の去年から、今年みなさまのおかげで、本当に皆さまのおかげで、 夢をまた一つ、叶えさせて頂けると思います😢💞 本当に本当に、ありがとうございます🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️🙇🏼‍♀️⭐️🌟⭐️🌟 一体なにがなんなんだ❗️と頭をかきむしってる方、、今からご説明します☺️💞 私、滝沢カレンがゼロから脚本、監督、演出、人選び、構造、を手掛けて舞台を作らせて頂きました😢💕💕💞💕💞💞💞 物語を書くのが大好きだったあの頃から私は26歳になっても何も変わっていませんでした。 何か頭で繰り広げられている物語を形にしたい現実に近付けたいと思っておりました。 溢れ出てしまえない物語を役者さんに演じてもらえて、好きな設備を発言でき、体験できないことをこれでもかっという体感し、自分のこだわりが詰まりすぎて詰まりすぎて詰まりすぎて、詰まったらどうしようというほど、揺るがない私の初の舞台をさせていただきます。 初めてこの前練習とのことで、 役者さんに演じて頂きましたが、 私は涙をこらえるのが嬉しくて嬉しくて仕方なかったです。 私の第1作目の子供のようにいまは大切で愛しくて愛しくて、たまらないです。どうしたらいいですか?と質問にならない質問が溢れます。 私一人じゃ叶えられない夢を、たくさんの笑い顔を絶やさないカレン一座の人々と毎日意見の言い合いをしています。 なんの知識もやり方も申し訳ないくらい知らなかった私が滝沢カレンなのですが、ゼロから作った本気でなんの緩みや加減もなくこの子供(物語)を作ってきたという気持ちは皆さまにお約束致します。 なんの中途半端な気持ちもなく本気の詰まった舞台でして、そんなまだ何も知らないながら生意気な発言ですが、この舞台を一人でもの方に見て頂きたいです🙇🏼‍♀️💓💓💓 見に来て頂けるからには、こちらも最高な舞台をなんなら家までものお土産になるようにお贈りさせてください😊🎉 そちらが、散々言いすぎた、3月27日(水) 夜20:00〜新宿シアターモリエールで物語の幕が上がります…。ということです🎪 迷わせていたならすいません🤦🏼‍♀️💓 ですがもう皆さまに嘘と隠し事は一切ないですので、私をまるっきり信じて頂きたいです💞😊 詳しくは、このあと流れます、インスタライブを観に来て下さい☺️✨ 私が責任もってご説明致します🙇🏼‍♀️🌟 あとはカレン一座の仲間のメンバーの方がご丁寧に書いてくださった文字があり、それを読みたい方は読んで理解してください☺️🙇🏼‍♀️💕💕💕 チケットのお申込みしないと、来てもどうにもなりませんので、恐れ入りますが、 3月14日、昼12:00〜チケット販売させていただきます🙇🏼‍♀️✨ それぐらい本気な舞台ということが、分かりましたか❓😊 詳しくは↓を見てください☺️ もっとの情報は、私のトップ画に行ってもらい、、サイトのURLをクリックしたらそちらで全てが見られます💕💕💞 私も皆さまを待ってます💁🏼‍♀️ 会いましょうよ☺️💞 詳しくは、19:30頃からより流れるインスタライブで会いましょう😚💞💞💞🌟 ↓ 滝沢カレン一座 第一回公演 「ふんだりけったり 」 公演日:3月27日(水)20時開演 場所:新宿シアターモリエール チケットは3月14日(木)昼12時から販売開始。 以下のURLから受付ページに飛べます。 https://pia.jp/v/takizawakaren19/ 申込期間は3月17日までの3日間限定で、厳正な抽選を行い当選者を決めさせていただきます。

そして、「私、滝沢カレンがゼロから脚本、監督、演出、人選び、構造、を手掛けて舞台を作らせて頂きました」と、舞台に挑戦することを明らかにした。

「何か頭で繰り広げられている物語を形にしたい現実に近付けたいと思っておりました」「溢れ出てしまえない物語を役者さんに演じてもらえて、好きな設備を発言でき、体験できないことをこれでもかっという体感し、自分のこだわりが詰まりすぎて詰まりすぎて詰まりすぎて、詰まったらどうしようというほど、揺るがない私の初の舞台をさせていただきます」と、とりあえず熱量は伝わってくる文字量である。

 

■URLは実在

この独特な文章を書く滝沢が舞台脚本。テンションが上がるしかない告知だが、どこか信じきれない自分がいる……ということで、記載されているURL飛んでみたところ、ページは実在。なにかのドッキリとかではなく、実際に行なわれるようだ。

なお、滝沢カレン一座の記念すべき第一回公演のタイトルは『ふんだりけったり』。いい意味で、ふんだりけったりな内容になるのだろうか……と小並な文章しか書けないほど、内容をまったく想像させてくれない。

■「滝沢カレン語」舞台に期待

このお知らせに対し、ファンからは以下のような反響が。

「脚本もやられるんですよね。みんな滝沢カレン語で台詞を言うんですよね? めっちゃ見たいやーん!

 

「おお! 脚本や監督もされるとは素晴らしい~」

 

「6歳児がフルマラソン走らされるくらい奇跡的なことだと感じてます。良い意味で

 

「どんな舞台なんだろうね、これがうけたら脚本、演出ができる新しい路線でいけますね~」

 

「えっ、ドッキリじゃないよね?笑」

 

「とてもとても前衛的な作品になりそう」

 

独特な言語表現が織りなす前衛的な作風に期待する人もいれば、「登場人物全員滝沢カレン語」になって、良い意味でアウトな内容になってしまうのでは……と、想像する人の姿も。

 

■横澤夏子も出演

なお、申し込みは3月17日いっぱいまで。横澤夏子ら豪華出演者に期待しつつ、気になる人は応募してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→城田優、俳優Sに「女だったら惚れてる」と本音 「全世界が惚れる」と共感

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

滝沢カレン、舞台脚本に挑戦 「6歳児がフルマラソン走るくらいの奇跡」と話題に