水卜麻美

オードリー若林正恭(40)と水卜ちゃんこ水卜麻美(31)アナが司会を務める、「犬も食わないような」巷の小競り合いをテーマコント形式でディスり合うバラエティー番組『犬も食わない』(日本テレビ系)。

13日の放送では、水卜アナがセクハラについての持論を展開して、視聴者から共感の声が寄せられている。

 

■春日しかイジれない

若林はセクハラについて、「(世の中の人は)どえらい気を使ってると思います」と話す。先日の飲み会に参加した女性が「私飲めないんで」と言っていたときに、「乾杯だけ」とグラスを渡されているのを見て、「こんなんもダメなんだよな」と思ったそうだ。

また、料理が得意な女性に対して、「『将来いい奥さんになるよ』も言いにくいじゃん」と、バラエティー番組の収録中に使うコメントにも気を使うとのこと。「もう春日しかイジれないよ」と口を歪ませた。

 

■結局は信頼関係と受け取り方

若林に「自分から思うことある? これはちょっとセクハラだなって」と問われた水卜アナは「私はないです」と回答。「本当に人って受け取り方だと思うんですけど」と持論を展開していく。

例えば、「太った」「痩せた」など、体型の変化について触れるのもセクハラになることがあるが、水卜アナは「痩せた」と言われるのは純粋に嬉しいそう。「放送できるか分からないんですけど、私は楽しいと思ってるから」と説明した。

そして、「結局は信頼関係と受け取り方」とした上で、「全部禁止されちゃうと、女子も女子でちょっと困る人もいる」と話していた。

■水卜アナの持論に共感の声

水卜アナのセクハラに対する持論に、視聴者からは共感の声が上がっている。

 

■意識して話すことは大切

しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,664名を対象に、「セクハラ」について調査を実施。その結果、全体のおよそ2割の人は「過去に『今思うと、セクハラだったな』と感じる行動をしたことがある」と回答している。

過去にセクハラしたことある

水卜アナはセクハラだと思うことが普段ないと話したが、体型について触れられるのが嫌な人もいるはず。過敏になりすぎる必要はないかもしれないが、話し手が意識することはやはり重要と言えるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→オードリー若林、水卜麻美アナの「男性への気遣い」に感動 「マジありがとう、存在してくれて」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名(有効回答数)

水卜アナ、セクハラの持論を展開 「私は楽しいと思ってるから」