土屋太鳳

女優の土屋太鳳が、14日、ブログインスタグラムを更新。仕事上の自身のコンプレックスを明かし、それでも「挑戦したい」と現在の思いを綴った。

 

■「怖がるのはやめよう」

12日、映画『バンブルビー』のジャパンプレミア日本語吹替声優として登壇した土屋。その際に英語でのスピーチを披露したそうなのだが、思うところがあったようで、以下のようにブログで綴った。

「英語は好きですし勉強したいと思っているけれど、その気持ちを生かしたり実行することは、なかなか出来てません。願いに届かない時は、時間が進めば進むほどコンプレックスが大きくなる」

 

と、英語へのコンプレックスを明かした土屋。そうした気持ちを内に秘めながらも、監督やキャストのスピーチインタビューを聞くなかで、気づいたことがあったそうだ。

「出来ることからでいいし自分のペースでいいから、やることをあきらめたり、挑戦するのを怖がるのはやめよう。気にしすぎることで委縮したり、自分が自分でなくなることもやめよう」

 

と、小さな一歩がいかに重要かを説く土屋だった。

 

■すぐに実行できなくても…

一方で、すぐに実践できる人ばかりではない。土屋自身もそのことには気づいているようで、「とはいえ、そう思ってもすぐには実行できないけれど、過去を乗り越えることに挑戦しようと、思うことが出来ました」と自身を奮い立たせた。さらに、

「声の演技に限らず、仕事をすると限界や力不足を感じることも多いけれど、乗り越えようとすることを少しずつでも続けたいと思います」

 

と、前向きな姿勢を示し、文章の最後に英語で『バンブルビー』への熱い想いを語り、締めくくった。

■「見習いたい」と称賛相次ぐ

土屋の前向きな発言の数々に、ネットからは「見習いたい」「深い…」と称賛の声が相次いで寄せられた。

コンプレックスをも糧にして、ということですね。その発想、見習いたい」

 

「自分のペースでいいから、挑戦することをあきらめない、怖がらない、さすが土屋太鳳だなと思います!」

 

「これは深い…。自分の弱点ていうのは放置しておくと、勝手に悪化していきますもんね。分かります

 

■6割以上「コンプレックス感じがち」

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「コンプレックス」について意識調査を実施した。結果、「感じがち」と答えた人は6割を越え、さらに女性のほうが10ポイント以上高いことが分かった。

ドラマバラエティで観ない日はないというくらい露出の多い土屋。華々しく映る人間だからこそ、内に隠れたコンプレックスの存在や地道な努力の影というのは、多くの人に勇気を与えるのだろう。ジャンルを越えた幅広い活動に、これからも期待したい。

・合わせて読みたい→土屋太鳳の「たおうえん」がかわいすぎる 「俺なら3万払う」の声も

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年9月29日2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

土屋太鳳が「やめたいこと」を告白し話題に 「深い…」と称賛の声も