はかなくかわいらしい梅の花が咲き始め、暖かな日差しを感じるようになると、桜の開花予想を見ながらそわそわする。春を待ち望む、日本人ならでは感覚かもしれませんね。

いまや日本の桜を見るためだけに海外からも多くの観光客が訪れますが、日本各地には一度は訪れておきたい、お花見スポットが数多くあります。

そこで今回は、ランキングサイトgooランキング」が発表した「日本の絶景!桜が美しいスポットランキング」から、全国の美しい桜の名所TOP10をご紹介します。

第10位 高田公園/新潟県

例年の見ごろ:4月上旬〜4月中旬

image by:janken/Shutterstock.com

第10位にランクインしたのは、約4,000本の桜が咲き誇ることで有名な、新潟県上越市の「高田公園」です。

日本三大夜桜にも選出されているスポットで、「高田城百万人観桜会」と称された桜祭りの期間には約90万人もの人々が足を運ぶそう。

イベント2019年の開催は4月1日(月)から4月15日(月)までで、日没後はライトアップされた桜を見ることができます。水面に映った幻想的な夜桜を眺めながら散歩すれば、ムードも満点。大切な人と訪れたい、心癒されるスポットです。

第9位 大阪城公園/大阪府

例年の見ごろ:3月下旬~4月中旬

image by:Sean Pavone/Shutterstock.com

大阪の中心地からも非常にアクセスが良い「大阪城公園」は、木々に囲まれた緑あふれる都会のオアシスです。公園の中央に位置する大阪城は「大坂城跡」として国の特別史跡にも指定されており、天守閣見学や茶道など日本文化を学べる体験もそろっています。

園内には約3,000本もの桜があり、春になると「桜の名所」として大いににぎわいます。そのなかでも、ライトアップを行う「西の丸庭園」は外せません。

第8位 千鳥ヶ淵公園/東京都

例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

image by:f11photo/Shutterstock.com

千鳥ヶ淵(ちどりがふち)公園」は、皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれる場所にある、都内でも非常に人気が高い桜の名所です。

ソメイヨシノやヤマザクラなど約170もの桜が川沿いに並び、区営千鳥ヶ淵ボート場からボートに乗れば水上からも桜を楽しむことができます。

また2019年3月27日(水)〜4月7日(日)には「千代田さくらまつり」が開催され、すぐ近くの靖国神社では屋台も多く出店されます。都内にいながら、ライトアップされた桜を水上から眺めることができるのも、千鳥ヶ淵ならでは。

仕事帰りなどにも気軽に寄れる立地のため、ビジネスパーソンからも支持を集めるスポットです。