14日、欧州各地でUEFAヨーロッパリーグベスト16の2ndレグが行われた。

1stレグでは敵地で3-0とナポリに大敗してしまったレッドブル・ザルツブルクは、ホームで僅かなチャンスを掴みにかかる。

南野拓実を先発させたザルツブルクであったが、14分にアレク・ミリクのゴールを許してしまうという厳しい展開に。

その後25分にダブール、65分にグルブランドセン、さらにアディショナルタイムにはライトゲブのゴールが決まって3-1と逆転するも、あと2点が足りず。

ウェイゴールを許してしまったことが大きく響き、ベスト16でヨーロッパリーグを去ることになってしまった。南野拓実は86分までプレーし、その後交代している。

そしてナイトゲームでは長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトがアウェイインテルと対戦した。

1stレグでは0-0とスコアレスドローに終わっていたが、この試合ではフランクフルトが早い時間に先制点を奪取する。相手のミスを生かしたルカ・ヨヴィッチがキックオフからわずか5分でネットを揺らし、リードした。

突破には2得点が必要になったインテルは次々と攻撃の手を打つも、フランクフルトは粘り強く体を張って守りきり、アウェイで0-1と勝利することに成功した。

鼻骨を骨折している長谷部誠は、この試合ではヘッドギアを着用せずに出場。終盤にはラノッキアとの衝突で頭部を痛める場面もあったが、90分フル出場を果たし勝利に貢献している。

【関連記事】日本人vs欧州サッカーがここにある!「ELを戦う4人のサムライ」

組み合わせ抽選会はUEFAチャンピオンズリーグと同じく15日に行われる予定となっている。ベスト8の試合は1stレグが4月11日2ndレグが4月18日に開催される。

長谷部のフランクフルト、ELでインテルを撃破!南野のザルツブルクは惜敗