副業元年と言われた昨年から、さまざまな副業が注目されているが、実際には副業をしたくても、何をどうすればいいのか分からないという人が多いのが現状だ。そこでオススメなのが「自分の得意なことを仕事にしてしまう」というパターン。この連載では、これまで起業の相談に応じてきたクライアントの中から、スキマ時間とこれまでの経験をいかし、自分の得意なことで収入を生み出している人を紹介していく。

第24回となる今回紹介するのは、事務職の派遣社員として働くかたわら、「お片付けカウンセラー」として活動している花澤宏子さん(42歳)だ。

もともと花澤さんは、お片付けのカウンセラーとして活動する前に、心理カウンセラーの資格を取得していた。しかし、なかなかクライアントを獲得できず悩んでいたところ、自分ができることと掛け合わせてみようと思いついたのが、心の持ちようとお片付けの両面をアドバイスする「お片付けカウンセラー」だ。
○お家も心もスッキリ! にやりがい

やってみたら、そちらの方が需要があったみたいです」という花澤さん。

片付けられないで悩んでいるお宅に訪問して直接アドバイスをしたり、訪問できない遠方の方にはLINEなどのWEB通信手段を使って、お片付けのレクチャーやアドバイスをしたりしているそうだ。

「お片付けの講座や勉強会も開催しています」と楽しそうに語る花澤さんは、やはりお客様のお宅が片付くことで、お家も心もスッキリされるところにやりがいを感じているという。

スッキリさっぱりしたお家になって、とても喜んでくださり、その後の生活を楽しんでくださっていることが、嬉しいですね」

○成功の秘訣は「勉強」

とはいえ、お客様への気遣いでは難しい部分もあるという。

「作業を時間内にどれだけ進められるかや、手伝いすぎていないかとか、お客様への加減が難しかったりします。逆に講座などでは熱を入れすぎて、ちょっとこれは値段設定が安すぎたかなと思い、反省したこともありました」

そんな花澤さんのところにも、今ではコンスタントに問い合わせが入り、収入も平均すると月10万円になる。しかし当初は何をどうやれば集客できるのかよく分からず、「ブログを書くと集客できる」と聞いて、ただ闇雲に記事を投稿していたという。

インターネットを使った集客の流れをきちんと勉強したことで、ようやく軌道に乗せる方法が分かりました」

おもな集客の手段はブログSNSだという花澤さんに、成功の要因を聞いてみた。

「収入につなげるまでの行動の動線というか、仕組みというか、そこをしっかり勉強したことだと思います。これって、知っているのと知らないのとでは、差がありすぎると思いますよ」
○休日を副業タイム

しかし、こうして副業がうまくいき始めると、今度は本業との掛け持ちで問題は起こらないのかが心配になってくる。そういう部分で苦労することはないのだろうか。

「子育て(学校行事)で休むことや、リフレッシュなどでもお休みをいただける理解ある会社なので、バランスを考えてお休みをいただいて副業の時間に充てています」

なるほど、ここは勤め先の理解を得られるかどうかで大きく変わる部分だ。花澤さんのように会社に理解がある場合は、自分でうまく本業と副業のバランスを取って活動できるが、万一あなたがそうじゃない会社に勤めている場合は、やはりまず「本業ありき」で、空いた時間だけを副業に使うよう気をつけるべきだろう(あくまでも就業規則で副業が許可されていることが前提)。

○勉強と行動の繰り返し

そんな花澤さんに、今後の展望や夢を聞いてみた。

「もっと喜んでいただける方を増やしたいし、お片付けのアドバイスや心の持ちようの励ましは大好きなので、副業ではなく本業にしたいと思っています」

筆者が花澤さんから受けた印象は、常に前向きに行動するタイプだということ。勉強と行動を繰り返していることが成長の要因といえる。

そして何より素晴らしいのは、それを常に楽しみながら実践されていることだろう。筆者が常に伝えている「趣味起業」のスタイルそのものだ。

○筆者プロフィール: 戸田充広

趣味起業コンサルタント。全日本趣味起業協会代表理事。
趣味起業のパイオニアとしてこれまで300名以上の趣味起業家を育て、現在は全国でのセミナー、講演活動のほか、数々の講座でさらに趣味起業家を育て続けている。著書に『稼げる! 自分に合った副業が必ず見つかる! 副業図鑑』(総合法令出版)、『決定版! 趣味起業の教科書』(マガジンランド)、『消費税アップから家計を守る! サラリーマンのための安全「副業」のススメ』(すばる舎)などがある。「全日本趣味起業協会」
(戸田充広)

画像提供:マイナビニュース