アンカージャパン3月15日、小型ポータブル電源『Anker PowerHouse 200』を発売しました。販売価格は3万9800円(税込み)で、Amazonでは初回200個限定で20%OFFの3万1840円(税込み)で販売します。

重量2.7kgと、前モデル『Anker PowerHouse』と比べて40%軽量化し、バッテリー容量は57600mAh。12Vのシガーソケット、100W ACコンセント、最大30WのUSB Power Delivery対応USB Type-Cポート、3基のUSB-Aポートの4種類のポートを搭載します。

パススルー充電に対応し、USB PD対応のUSB Type-CポートもしくはDC入力ポートから充電しながら、シガーソケットとACコンセントから別の機器の充電が可能。

持ち手には握りやすい太めのラバーバンドを採用。前モデル同様、アウトドアレジャー用途だけでなく、災害時への備えとしても注目を集めそうです。

『Anker PowerHouse 200』仕様
サイズ:約190×138×118mm
重さ:約2.7kg
DCアダプター入力:5-22V = 2.45A
DC出力:12V = 5A
PD入力:
5V = 3A、9V = 3A、 15V = 3A、20V = 3A
PD出力:
5V = 3A、9V = 3A、 15V = 2A、20V = 1.5A
AC出力:110V ~60Hz、0.91A 、100W
USB-A出力:5V = 3A(各ポート最大 3A)
パッケージ内容:
Anker PowerHouse 200、AC アダプター、電源ケーブル、取扱説明書
注意事項:
・本製品の AC 出力は 60Hz です。50Hz 専用の電化製品を使用すると不具合に繋がる可能性がありますのでご注意ください。
・AC出力とDC出力を同時に使用することはできません。
・ソーラーチャージャーで充電する際はDC出力対応製品(5-22V / 5.5 mm DC出力端子) をご使用ください。また、充電速度は電圧により異なりますのでご注意ください。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
アウトドアや災害時に役立つ57600mAh容量のポターブル電源 アンカー・ジャパンが前モデルより40%軽量化した『Anker PowerHouse 200』を発売