プログラミング教育への意識調査を実施

2020年より必修となるプログラミング教育。ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)では、『家庭でのプログラミング教育』の意識についてアンケート調査を行いました。 アンケート調査は、1月26日(土)、27日(日)に幕張メッセで開かれた日本最大級のゲーム&ホビーイベント「次世代ワールドビーフェア’19Winter東京大会」のソニー・インタラクティブエンタテインメントが出展したブースの「toio」コーナーに来場したパパ・ママを対象に行われました。 まず「2020年小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、ご家庭でも子どもプログラミングを学んでほしいと思いますか?」という質問に対しては、「とても思う」または「思う」の回答が、全体の83%にものぼりました。 しかし、「実際に家庭でプログラミング教育をしているか?」という質問には76%が「いいえ」と回答。理由として挙げられたのが「自分自身がプログラミングについて分からない」、「何から始めればいいのか分からない」「学ぶきっかけがない」というもの。 プログラミング教育への関心は高いものの準備ができていない家庭が多いというのが実情のようです。



創意工夫へと導く不思議なロボット「toio」

toio」とは、3月20日ソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売される、子ども創意工夫を引き出すロボットトイです。本体「toioコンソール」と、リングコントローラーtoioリング」、そしてシンプルキューブロボットtoioコアキューブ」で構成されており、さまざまなジャンルの「専用タイトル」と組み合わせて遊びます。ちょっとゲーム機のようですが、いろいろなものを取り付けるなど、実世界で工夫しながら遊べるところが魅力。作る楽しさに加え、作ったもので遊ぶ喜びが子どもたちに芽生えます。



プログラミングがテーマの“トイ”に関心が集まる

ビーフェアの会場では、同時発売となる3種類のタイトルツアー形式で体験できる“toio™体験ツアー” が行われました。実際に遊んでいるお子さんの様子を目にしたパパ・ママからは、「遊びながらプログラミングの基礎に触れられる仕組みが良いですね」や、「子どもと一緒に遊んで自分自身もプログラミングのことを学んでみたいですね」といった感想が聞かれ、関心の高さが伺えました。 参加者の女の子は「ロボットがいろいろな動きをして面白かった。今度はママと一緒にやりたい」と話していました。



「toio」の3つのタイトルで遊べる“toio™体験ツアー”

ビーフェアでは、「toio」のコーナーに訪れた子どもたちに、3つのタイトルを初体験してもらいました。以下、紹介します。



■『工作生物 ゲズンロイド

付属のめだまやシールなどの紙工作をキューブにつけ、うごきのプログラムを注入すると、未知の生物が動きだす工作キット。参加した子どもたちは、不思議な動きを繰り返す生物の様子に興味深々。一番人気は“めだま生物”。大きな目玉をキューブに取り付けプログラムを読み取ると、もうひとつのキューブの“餌”を探して目玉が動き追いかけ始めます。遊ぶうちに新たなひらめきが芽生え、創意工夫が自然に生まれる。そんな体験ができるのも「toio」の魅力です。



sstoio02_LL ■『トイオ・コレクション』

5種類のゲームで遊べます。その中から“クラフトファイター”を体験してもらいました。ブロックで作られたファイターキューブに乗せたら、手元のリングコントローラーで操作してバトルを楽しむゲームです。子どもたちは必殺技カードキューブに読みこませると、真剣な表情で必殺技を発動。自分で作った“ファイター”で対戦を楽しんでいました。



sstoio03_LL ■『GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~』

楽しみながら、プログラミングの基本要素(順次、分岐、反復)が体験できる冒険絵本に挑戦しました。ミッションクリアするために「めいれいカード」を並べたら、ロボットプログラムに従って、実際の絵本の上を命令通りに動きます。子どもたちは、ゴールに辿り着くにはカードをどのように並べれば良いか試行錯誤していました。 プログラミングというテーマとお子様の楽しそうな様子にパパ・ママからの問い合わせも多く寄せられました。 ※「toio」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。



sstoio04_LL

toio」 発売予定日:2019年3月20日(水) 販売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント https://toio.io/



プログラミング教育に関心が高まる中、ロボットトイ「toio」発売へ