0_e


 SNSでは、何かとネガティブな話題の拡散に目が行きがちだ。怒りにかられた多くの人々が、特定の対象を追い込んでいき炎上していく様はほぼ毎日見ることができる。

 だがネガティブなものがばかりが拡散されているわけではない。地球の為、誰かの為に自分ができる何かをしようという、前向きな拡散も同様に行われているのだ。

 先週末に海外のSNSユーザーの間で拡散されていたハッシュタグ「#trashtag」は地球環境に優しい行為を連鎖させていくものだ。

 「公園や街角で自発的にゴミ拾いをしよう」というチャレンジで、実際に行った人々がゴミを清掃する前と後のビフォア・アフター写真を公開している。

―あわせて読みたい―

いろいろヤバイ飛行機の機内食を晒していくハッシュタグ「#planefood」で集まった画像
オレゴン動物園がはじめた「アマゾンのカスタマーレビュー風に動物たちを紹介」する企画が大ウケしている件
本物の科学者が「偽科学者」の写真素材を見つけてツイートするのが海外で流行している件
VANs(ヴァンズ)のスニーカーは足で床に放り投げると必ず靴底で着地する!?海外ツイッター民が実験しまくる
イケメンとイケニャンのツーショットで癒しの相乗効果のご相伴にでもあずかろうか

公園や街角でゴミ拾いをするチャレンジが大ブームに

 「#trashtag」は数年前から存在しているハッシュタグだ。

 もともとは、2015年アウトドア向けの照明グッズなどを展開するブランドUCO」が自然環境を守ろうとスタートしたプロジェクトだったようだが、先週末、Instagramアカウント@thescientistfacts」の呼びかけにより大きな広がりを見せた。

 その内容は、公園や街角で自発的にゴミ拾いをしよう!というチャレンジとなっており、清掃場所のビフォア・アフター写真をSNSに投稿するのがお約束だ。

 世界各国の公園や街角で、何百人もの人々がゴミ拾いに精を出したのである。

退屈している10代のみんな、新しいチャレンジをしてみよう。まず、清掃やメンテナンスが必要な場所の写真を撮影するんだ。そして、それに対して何かをしたらまた写真を撮る。そのビフォア・アフター写真を投稿しよう

世界各国でボランティア活動をする人々が続々と出現

 それでは、「#trashtag」に挑戦した人々の様子を見てみよう。

1.

2.


3.
7_e

4.
4_e

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.
11_e

12.

13.

14.
14_e

 老若男女を問わず、世界中でこのチャレンジが行われているようだ。

 日本では、この運動に関係なく、ワールドカップなどサッカー会場で、自発的にゴミ拾いする人々がいて、その姿が度々海外で報じられていたが、この連鎖が止まることなく永遠に続き、広がっていくといいね。

 何もたくさんのゴミである必要はない。目の前に落ちているそのゴミ1つだけでも、拾い上げてゴミ箱に捨てるだけで、地球は喜んでくれるかもしれない。

 ゴミを落とす人よりも拾う人の数が増えれば、確実に地球はきれいになる。

 誰が落としたかわからないゴミは自分とは無関係ではない。同じ人類が落としたゴミなのだ。

written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52272099.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

嫌なことを早く忘れたいなら、考えないようにするのは逆効果。ある程度意識を向ける方が良い(米研究)
出勤するだけでOK。好きなことをするだけで月給25万円が支給。新たなる終身雇用制度がスタート(スウェーデン)
認知バイアスの恐ろしさ。ブラックな職場では、いじめの被害者が加害者と思われている場合が多い(米研究)
8歳の男の子がスキーリフトで宙ぶらりんに!10代の少年たちによる機転のきいた救出大作戦とは?(カナダ)
アーティストが有名になるのは、創造性よりもいかに多種多様な人脈を持っているかに左右される(米研究)

―知るの紹介記事―

アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第23回:全ては猫のシナリオ通り
店の看板猫で自閉症の少年の心の支えだった愛猫が盗まれる。その後犯人は猫を返しに来て謝罪する(アメリカ)
嫌なことを早く忘れたいなら、考えないようにするのは逆効果。ある程度意識を向ける方が良い(米研究)
人骨で作られた2700年前のタトゥー用道具が発見される(トンガ)
数字を入れ替えるだけ!?パーセント(%)を求めるの計算が楽になる方法が海外で話題に
海外のSNSで広がりを見せているチャレンジ。自発的にゴミ拾いをし、ビフォア・アフターを投稿する「#trashtag」