魔法少女という題材ながら、自衛隊との連携やテロリストとの戦いといったハードな物語がひと際目を引く「魔法少女特殊戦あすか」。2019年1月から放送が始まったTVアニメも、いよいよクライマックスへと向かっていきます。WebNewtypeでは、原作者であり、TVアニメシリーズ構成も担当している深見真氏を軸にインタビューを実施。シリーズ構成海法紀光氏、そして山本秀世監督との対談を全4回にわたって掲載していきます。

「魔法少女特殊戦あすか」より

第1回目は、深見真氏と海法紀光氏の対談の前編をお届けします。

――お二人はTVアニメがっこうぐらし」でもご一緒されておられましたね。

深見:はい。海法さんのことはそれより前から存じていましたが、僕がそのお名前を初めて知ったのは、アメコミウォッチメン」の翻訳者としてでした。ですので「がっこうぐらし」のときは「あのアメコミの海法さんが……え? きらら系?」と驚いてしまいました(笑)。初めてお会いしたときからずっと感じていますが、すごく真面目なお人柄ですよね。

海法:やめて! 俺はそんなマジメな人間じゃないんだ!(笑)

深見:いえいえ。その誠実さが、そのまま作風にも表れていると感じています。なので「あすかアニメ化の際も、シリーズ構成を自分一人でやるよりも海法さんがいてくださったら百人力だなと思い、お声がけしました。

海法:いかに深見さんがやばい人なのかを語ろうと思っていたのに、先手を打ってほめられてしまうとは……! それはともあれ、アニメ脚本家というものは、基本的には委縮をするべきではないというのが持論で。

――委縮をしない、というのは具体的にはどのようなことでしょうか。

海法:脚本家はその作品で自分がやりたい、表現したいと思っていることをまずはぶつけるべきなんです。もちろん、作品や現場によって適宜修正したり、交渉したりする必要は出るかもしれませんが、なんにせよ、脚本は一番最初に出したもの以上にはふくらまないんですよ。そして、深見さんはそれが両方できる方だという印象ですね。言い換えると、すごくいい仕事をする裏に見え隠れしている狂気がすごくおもしろい(笑)

深見:狂気と言われると少し心外ですが……(笑)そういえばがっこうぐらし」の脚本を書いているときに「ここでみーくん直樹美紀の愛称)に百合セックスさせられませんかね?」と相談したら周囲から「なぜそんなことができると思ったんですか!?」と言われたことはありましたね……。

海法:それを狂気って言うんですよ!(笑) まぁ、委縮している現場ではそういうことを言い出すことすらできませんので、色々なアイディアを出してそれを転がしていけるのはよいことだとも思います。

深見:昔、まだ充分に温まっていない現場でそういうことを言って救いがたい空気にしちゃったことがあるなぁ……。

海法:そこまでは知りません(笑)

――せっかくですのでアニメではなく原作としての「あすか」のお話もうかがえればと思うのですが、着想のきっかけはどのようなものだったのでしょう。

深見:これは先ほどの話にも少しつながるのですが、僕は元々アメコミがすごく好きで、「ウォッチメン」は「スーパーヒーローが現実にいたらどうなるだろう」というテーマの作品なんです。また、同じように好きなマークミラーの「キック・アス」も、スーパーヒーローをできるかぎりリアルに描こうとしている作品でした。そういうハードアメコミ的文脈を日本の作品で、それもヒーローではなく魔法少女に置き換えてやってみたらどうなるだろうという思いがありました。

――海法さんはそうして生まれた「あすか」のシリーズ構成のオファーを受けていかがでしたか。

海法:原作はお話をいただく前から拝見していてファンでしたので、諸手を上げてお引き受けしました。僕は映画の「ランボー」のような"ベトナム帰還兵モノ"が大好きですので「それを魔法少女でやろうというのか! さすが深見さん!」と思っていたんですよ。戦争は(敵兵の)命を奪うことが正しいとされ、それは平時と正反対の価値観ですよね。そういう相反する価値観が積み重なっていくところに魅力を感じています。

深見:2008年アメリカ映画「ハートロッカー」で、爆弾処理班である主人公が日常に戻るシーンがあるのですが、そこですごく現実感のない顔をするんですよ。少し前まで、爆発物を処理するか、仲間もろとも吹っ飛ぶかというのが日常だったのに、この平和なスーパーはなんなのだろうと。「あすか」ではそういうのも意識しています。

――本作はシリーズ構成をお二人で担当されておられますが、分担はどのようにされておられるのでしょうか。

深見:まず山本監督と脚本家一同でアイディアを出し合って、そのあとは基本的に海法さんにお預けさせていただく形を取りました。原作者である自分が前に出て「あまり原作を崩したくないな」という気持ちが出すぎてしまったらイヤだなと思ったんです。

海法:「あすか」は原作がとてもしっかりしている作品ですので、その辺はスムーズでしたね。

――山本秀世監督との打ち合わせで印象に残っていることなどはありますか?

深見:山本監督は現場主義といいますか、僕らがしたいことをすべて汲んでくれたうえで、これはできます、これはこういった理由で難しいですという見解を明確に示してくださるんです。何がどこまで実現できるのか、その可能性を常に頭の中で計算されているのだなと。とても頼りになる方です。

海法:本当に全体をしっかり見ておられる方だなというのは僕も常々感じていました。第9話~第11話あたりの脚本も、いろいろな意味で「本当にこれで大丈夫ですか」とご相談しましたが、「クライマックスですからこれでいきましょう」と舵を切っていただけました。(WebNewtype・【取材・文:勝田周】)

「魔法少女特殊戦あすか」より