日本代表に復帰した香川真司が所属するベシクタシュ。リーグ連覇を成し遂げた2015~2017シーズンエースだったのはトルコ代表FWジェンク・トズンだ。

ベシクタシュでの活躍もあり、2018年1月に30億円ともいわれる移籍金でエヴァートンに引き抜かれた。

そのジェンク・トズンが『TRT Spor』で古巣ベシクタシュについて語った。

そこで「ベシクタシュはブラク・ユルマズと香川という重要な移籍を行った。もしこの移籍がシーズン当初だったなら、もっといい順位にいれたはずだ」と述べたという。

香川とともに冬に加入したブラク・ユルマズは33歳のストライカー。かつて国内最強の点取り屋として君臨していたが、中国へ移籍したことで“もう終わった”選手かと思われていた。

だが、加入後8試合で6ゴールと爆発し、トルコ代表にも復帰。また、香川とのホットラインも形成されつつある。

【関連記事】日本代表、今後を考えなければならない5名

ジェンク・トズンはこの2人がシーズン序盤からいてくれたら…と感じているようだ。ベシクタシュファンも同じ気持ちかも?

「香川とアイツが最初からいてくれたら…」元ベシクタシュ選手が吐露