ふるっと柔らかい食感のお豆腐スイーツ「豆花(ドウホア)」は、台湾で昔から親しまれている定番スイーツです。小さな屋台からカフェ風のおしゃれなお店まで、街の至る所で豆花をいただけるお店を見かけます。筆者も台湾ではじめて豆花を食べてから、そのおいしさにすっかりハマってしまいました。この記事では、台湾ならではの豆腐スイーツ「豆花」の魅力や特徴、楽しみ方をいろいろな角度から紹介します。

ホットでもアイスでも楽しめる
豆花はホットかアイスかを選んで注文できることがほとんどです。夏は冷たい豆花、冬はあたたかい豆花と、季節を問わず一年中楽しむことができます。



アイスを選ぶと、こんな風に大胆に氷がのせられることも。夏の台湾スイーツというとカキ氷が人気ですが、真夏にひんやり豆花をいただくのもおすすめです。

お好みのトッピングと一緒に楽しめる


豆花は、好きなトッピングをのせて楽しめるお店がほとんどです。小豆やタピオカ、茹でピーナッツタロイモなど、その日の気分で選ぶのは楽しいです。上にのせられるトッピングの数や種類はお店によって異なり、中にはずらりと並ぶ数十種類のトッピングの中から好きなだけ(といっても限度がありますが)選べるお店もあります。

糖水(シロップ)がかかった豆花は最もよく見るタイプ


豆花はシロップの種類も豊富で、豆花に糖水というシロップがかかった豆花は最もベーシックなスタイルです。ふわふわでつるっとした豆花と、やさしい甘さのシロップハーモニーは台湾ならではのおいしさ。シロップの味はお店によって異なるため、食べ歩きが楽しいです。

豆乳をかけるタイプの豆花も人気

(C)Yui Imai

甘いシロップだけでなく、豆花に豆乳をかけるタイプの豆花もよく食べられています。豆乳は無糖か微糖かを選べるお店が多いです。写真は永康街にある「二吉軒豆乳(Soypresso)」の豆乳豆花で、豆花にたっぷりの豆乳をそそいでいただきます。豆乳大好き、という方にはたまらないスイーツと言えるでしょう。お店によっては、糖水と豆乳をミックスしてかけてくれることもあります。
 
二吉軒豆乳(Soypresso)
住所:台北市大安區麗水街8號
公式ホームページhttp://www.soypresso.com.tw/


生姜スープ豆花は冬におすすめ


寒い冬にぜひ楽しみたい豆花が、生姜シロップがかかった「薑汁豆花」です。冬季限定である場合ほとんど。



あたたかい生姜スープの力で、食べすすめるうちに身体の芯からぽかぽか温まっていきます。冷え性の方には特におすすめ。冬に台湾を訪れるのなら、ぜひ一度は食べていただきたいおいしさです。

屋台でも気軽に味わえる


豆花を楽しむことのできるお店は台湾の至る所にあります。おしゃれカフェ風のお店から、夜市や市場に屋台が出ていることも多いです。



持ち帰り専門屋台もよく見かけます。食べたい時に気軽に食べることのできる豆花は、台湾の方々の生活に密着しているスイーツと言えるでしょう。次回の台湾旅行では、いろいろな楽しみ方ができる台湾伝統スイーツ豆花をぜひ味わってみてくださいね


[All Photos by Yui Imai & shutterstock.com]
Do not use images without permission.

台湾スイーツについては、『台湾で暮らす日本人がおすすめする台湾スイーツ5選』『【台湾】フォトジェニックな台湾スイーツ!おすすめを色ごとにわけてみると?』などもぜひチェックしてくださいね