stroly

もはや今の時代、GoogleMapYahoo!地図のような地図サービスがあれば知らない土地でも迷わず目的地にいけちゃいますよね。
地図サービス上でお店のレビュー情報や交通情報、運賃計算まで出来てしまいます。

stroly

でも使っていて思いませんか?もうちょっとビジュアルが楽しい感じだったり、観光名所のスポットを地図アプリ上で調べると歴史が見れたり、もっと色んな機能があってもいいと思うんです。
そこで!今回は自分でオリジナルの地図を作れる、位置情報サービス『Stroly』をご紹介します。

地図を作って、あなただけのストーリーを書き込もう

『Stroly』は、今いる場所で多様なストーリーを体験できるようにする地図のプラットフォーサービスです。
こう聞くと今までの地図アプリと何が違うの?と思いますが、『Stroly』にしか出来ないことはたくさんあります。

stroly

オリジナルの地図を作る」という点でいうと古地図やイラストアップロードすると、実際のロケーションとリンクさせて地図として機能します。
リンクさせるには「Stroly Editorという編集システムに地図をアップロード。そして、現実にある道やお店、病院、学校などに座標を合わせます。

そうするとアップロードした画像の地図と現実の場所が、どれだけ縮尺がズレていてもぴったりリンクするシステムなんです。
サラっと紹介していますが、とんでもない技術ですコレ。

どんな地図でも大丈夫!

先ほど紹介したアップロードした地図をマッピングする技術があるので、どんな形の地図でも『Stroly』上で地図として機能させることが出来ます。
これはユーザーが『Stroly』にアップロードした「わが家の京都チョコレートマップ 東山編」という地図です。

stroly

▲わが家の京都チョコレートマップ 東山編

京都の東山区にあるチョコレートスイーツを楽しめる店舗をイラストで可愛らしく仕上げたイラスト地図ですが、現地にいけばGPSリアルタイムで機能して実際に地図として利用可能です。
こうしたローカルエリアで限定し、独自の情報が盛り込まれた地図を楽しむことが出来るのは『Stroly』のサービスがあってこそですね。

『Stroly』は個人の利用だけにとどまらない

実はもう既にさまざまなサービスと連携が進んでおり、至るところで『Stroly』は活用されているんです。
京都市京阪電鉄、学校教育や公園・テーマパークなど公共・法人団体とその範囲は多岐に渡ります。

stroly3

京阪電車大阪メトロ大阪モノレール1日乗り放題企画乗車券と提携

元々地図というのは紙に描き起こしたアナログなもの。
それがITテクノロジーと連携することでアナログビジュアル面の良さを活かしつつ、Webサービスとしてリリースされているのでアプリインストールことなく誰でもすぐにオリジナルの地図コンテンツを楽しめることが出来ます。

地図+キュレーションサイト=新時代の情報プラットフォーム

『Stroly』は地図編集をする際にロケーションにピンを立てて、そこに情報を書き込んでいきます。
その情報の盛り込み方はテキストだけではなくYoutubeや動画を載せることもできます。

stroly

テキストより動画の方が圧倒的に伝わる情報量は多いですから、このロケーションのこういうところを見てほしい!というのがダイレクトに伝えれますね。
既に海外の主要観光都市へも利用が広まっている『Stroly』の今後に注目です。

さて、今回ご紹介した位置情報サービス『Stroly』ですが、またまたインタビューをさせてもらえることになり京都のオフィスまでお邪魔してきました!
その様子は後日公開しますので、ぜひチェックしてみてくださいね

参照元:Stroly

日本人でも驚く?!日本の絶景と文化を世界に届ける『ZEKKEI Japan』