ゲームエンジンCRYENGINE」で知られるCrytekは,北米時間2019年3月15日,特別なハードウェアなしにリアルタイムレイトレーシングゲームへ実装できる機能をCRYENGINEで採用予定であることを発表。合わせて,当該機能を活用した技術デモ「Neon Noir」(ネオンノアール)の動画を公開した。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)



2019年中にもCRYENGINEリアルタイムリアルトレーシング技術を実装予定

 ゲームにおけるリアルタイムレイトレーシング技術というと,NVIDIAハードウェアアクセラレーション技術「RTX」と,現時点ではRTX対応GPUでのみ利用できる「DirectX Raytracing」が話題だが,Crytekが開発した今回の技術はRTX対応GPUを必要としない。実際,デモは「Radeon RX Vega 56」搭載PC上で動作しており,2019年メインストリームGPU――日本のゲーマーに分かりやすく言い換えるとエントリー市場向けGPU――があれば動作させることができるという。要するに,GeForce GTX 10シリーズ以前のGPURadeon GPUから利用できるということである。

 ちなみにCrytekニュースリリースによると,DirectX 12やVulkanに対応する,新しい世代のGPUであればあるほど高い性能が得られるように設計してあるそうだ。おそらく,レイトレーシング処理の一部にDirectX 12あるいはVulkanベースGPGPU的演算を活用しているのだろう。


 このリアルタイムリアルトレーシング技術は,現行バージョンの「CRYENGINE 5.5」へ2019年中に追加するべく開発中だそうだ。CRYENGINE 5.5にはボクセルベースの大域照明をサポートする「Total Illumination」(トータルイルミネーション)という機能があるので,リアルタイムレイトレーシング技術はTotal Illuminationの新要素として実装されることになるようである。
 実績あるCRYENGINEが実装する以上は,今後に期待してもいいのではなかろうか。


 なお,リリースでCrytekはそれ以上を何も語っていないが,GDC 2019開催直前のタイミングにおける発表となった以上,GDC 2019で追加情報が出てくる可能性はありそうだ。続報を期待したい。

リンクCrytekによるニュースリリース(英語)


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/210/G021012/20190318031/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE CRYENGINE

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

特別なハードウェアなしにゲーム上でリアルタイムレイトレーシングを実現できるデモ,Crytekが開発